ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 雨(サマセット・モーム)

84 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/15(月) 23:42:11
超うろおぼえ
サマセット・モームの傑作短編「雨」

とある南洋の島。
雨で足止めをくっている滞在客たちは、島で退屈しきっていた。
客の一人は娼婦で、奔放な暮らし(婉曲表現)をしている。
そこで一人の高潔な宣教師は、彼女を「救う」ことを決心する。
バカにされながらも必死で説得を続け、
遂に娼婦は涙ながらに改心する。
そしてある日。
宣教師の死体が浜に打ち上げられる。
どうやら自殺らしい。
そして現れた娼婦はすっかり元のあばずれに戻っており、
死体を罵りながらこういう。
「男なんてみんな一緒!薄汚い豚!」

結論;男はチンコの乗り物です。


85 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/15(月) 23:56:47
>>84
とほほ。後からジワジワくるな。

 

雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)
雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...