ホーム » 小説 » 小説/は行 » ふたりの印度人(筒井康隆)

437 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/21(日) 22:08:03
筒井康隆の短編「ふたりの印度人」を読んで以来、インド人が怖い……orz

帰宅途中の電車の中で、二人連れのインド人を見る主人公。
なぜかそのインド人は主人公の後についてきて、家にまで上がりこもうとする。
主人公が怒鳴りつけてもペコペコ頭を下げるだけで、何も言わない。
なんとか追い払ったと思いきや、どこから入ったのか、いつの間にか家の中に座り込んでいる。
怒った主人公は包丁を構え、インド人を追い出そうとする。
と、インド人の1人がその包丁を奪い取ると、もう1人をバラバラにし始める。
切っても血は出なかった。まるで消しゴムのような切り口。
包丁を持ったインド人はバラバラになったもう1人の体を抱え、立ち去っていく。

次の日、インド人は3人になってやってきた。


443 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/22(月) 00:45:54
>>437
おれの頭が悪いせいか、意味がよく分からん。

444 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/22(月) 01:13:52
>>443
もともとシュールな話だから。
筒井の短編は変な話が多いよ。

 

くさり―ホラー短篇集 (角川文庫)
くさり―ホラー短篇集 (角川文庫)
幻想の未来 (角川文庫)
幻想の未来 (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...