ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その34 » あるあしかの話(ちばてつや)

262 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/04(火) 23:39:01
ちばてつやの短編で、「あるアシカの話」だったかな…
動物園でのアシカと、世話係のおじいさんの話。
初めは動物園に慣れなかったアシカが、優しいおじいさんと心を通わせ、
人間の子供たちを喜ばせるために8の字泳ぎなど覚えて、人気者になる。
でも動物園が閉鎖か何かになり、おじいさんも職を失うことに。
最後に、アシカを海に放してやるおじいさん。
もうおまえは自由、故郷に帰っていいよと。海から、おじいさんを見守るアシカ。
アシカは泳ぎ出す。しかし、長い動物園生活の間に、アシカは
8の字にしか泳げなくなっていた……。
あんなに帰りたかった故郷への道を前にして、アシカは海で死んでいく。
おじいさんは何も知らないままだった。

丁寧な語り口で、ラストでグッとくる名作っす。後味悪いし、おすすめ。

 

あるあしかの話―傑作短編集(1)(1977年)
あるあしかの話
傑作短編集(1)(1977年)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...