ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 時鳥の兄弟・BROTHER

206 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/03(木) 17:32:06
小学校の時読んだ、兄弟の話を思い出した。
兄は漁師、弟は木こり。
ふたりで稼いでるたいそう仲の良い兄弟だったんだけど、兄は短気な性格だった。
ある時、弟は大きな山芋を見つけ、兄と食べようと煮付けにして待っていた。
楽しみに待つも、兄はなかなか帰らず、弟は先に食事をすることに。
大切な兄に少しでも良いところを食べさせようと、弟は芋のしっぽだけを食べた。
遅くなって帰った兄は、その日獲物がなく、ひどく機嫌が悪かった。
がつがつと煮物を飯を食っていた兄だが、ふと弟をいやな目で見ると、
「こんなに美味い太い芋なら、お前は俺のいない内に、もっと良い部分を食ったに違いない。
俺にだけ苦労をさせて、全くいやしい奴だ」とののしった。
ショックを受けた弟は、では俺の腹を割いて調べるが良い、と返した。
売り言葉に買い言葉でエキサイトした兄は、鎌を手にすると、
弟の喉から胃にかけて、縦一文字にかっさばいた。
だが胃の中からは、確かに芋のしっぽの部分だけ。飯さえも、全て兄に与えていたことが解る。
後悔する兄。「俺は弟の喉を突き刺してしまった」と繰り返しなげく内、
その姿はホトトギスに変わった。
兄は今でも、「おとのどつっきっちょ、おとのどつっきっちょ」と、血を吐くまで鳴き続けているという。

人間て、鳥の鳴き声にハナシつけるためにこんな設定考えるんだなあ、と思って後味悪かった。


209 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/03(木) 22:43:18
どつっきっちょ、ってどういう意味?

210 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/03(木) 22:45:23
突いたって事じゃないの?

弟、喉、突っきっちょ


211 名前:206 投稿日:2005/11/03(木) 22:59:03
>>210
あ、有り難うです。そうですそうです。
今だにどこの方言が知らないんですけど、
それで「弟の喉を突き刺してしまったー!」
という意味になるらしいです。

212 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/03(木) 23:18:47
>>206
たけしの映画「ブラザー」にも似たシーンがあったね。
たけしの兄貴分(大杉連)が抗争を避けるため、相手の組と和睦。
たけしはそれでアメリカに渡るんだけど、大杉は相手の組の傘下にはいる。
新年会みたいな席で意地悪な幹部が
「腹黒の奴がおるの~」と嫌味を言う。
大杉が頭に来て、
「俺の腹が黒いかどうか、じっくりと見やがれ!」と切腹をする。
組長(渡哲也だっけ?)がその幹部に、
「てめぇ、目出度い席を血で汚しやがったな!」と一括。
幹部、指を詰めさせられる。

 

日本の昔話 (新潮文庫)
日本の昔話 (新潮文庫)
BROTHER [DVD]
BROTHER [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...