ホーム » 小説 » 小説/ま行 » 未来のイヴ(ヴィリエ・ド・リラダン)

728 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 14:00:43
「未来のイブ」
イギリスのお坊ちゃまが、アメリカへエジソンを尋ねにやってくる。
彼は昔エジソンが貧乏だったときに援助したことが有り、
エジソンにとっては大恩人。
エジソンは歓待するが、なぜかそのお坊ちゃんは
沈んでいる。理由を聞くと、外見は正に理想的だが、内面は無教養かつ下品と
「最悪な」彼女がいると言う。女が信じられないと。(この時点でどうかと思うが)

そこでエジソンは、自分が発明したロボット…というかアンドロイドを進呈する。
外見をその彼女と全く同一にして。
彼は喜び、「私は彼女と一生城の中で暮らすんだ!」とそのアンドロイドをつれて
船に乗って帰ろうとする。

が、その船は帰りに沈没。そのアンドロイドの入った箱を最後まで持ち出そうとするが、
船員たちに強制的にボートに乗せられ、イギリスへと運ばれる。

その後彼は城にただ一人、引きこもりになると言うラスト。

============================

最高傑作とかどーとか言わずにもう一体作ってやれよエジソン。

 

未来のイヴ (創元ライブラリ)
未来のイヴ (創元ライブラリ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...