ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » おーい逃げろ

329 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/04(木) 02:20:41
幼稚園の読み聞かせで聴いた絵本の内容

江戸時代くらいの村の話。
ある日、一人の男が救出された。
しかしその男は目も見えなければ耳も聞こえない。おまけに自分の事も解らない(所謂記憶喪失)
村の人はその男を馬鹿にしたあだ名で呼んでいた。(あだ名失念)
そのうち、村の近くで洪水が起きて、村が沈没の危機にさらされた。
非難警報代わりに、誰かがどのくらい浸水したか知らせなくてはいけないのだけど、村人全員がやりたくない様子
結局、例の男に頼む事になった。
足に水が掛かったら、太鼓をならして知らせる、と言う方法で。
男は最後までその仕事をやり遂げた。
村人全員が非難を終えた後も、太鼓を鳴らして「おぅーい。逃げろー」と叫び続けた。
非難した村人が、遠い所から、お前も逃げろ!と言うが男は耳が聞こえないので意味がない。
その内、その男は川に飲み込まれてしまう。
って話。

幼稚園児に聴かすな、んなもんorz


331 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/04(木) 03:14:50
幼い子に聞かせるにしては、教訓も伝えたいメッセージも分からない…
まさしく後味悪いですね
「見殺しにするなんてひどい」と同情させる方向に持っていって、
体が不自由な人に対して親切にする気持ちを養う目的かな?
幼稚園児には重い話です

332 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/04(木) 04:03:12
逃げろといわれないと逃げないんですかね。

335 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/04(木) 05:10:19
>332
目も見えないし、記憶喪失なら状況判断能力も子供レベルじゃないのか?

336 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/04(木) 06:15:14
それより、そんな切羽詰まってる時にどうやって
「足のところまで水が来たら太鼓を云々」って教えたんだ?

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...