ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ハリー・ポッター/ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(J・K・ローリング)

419 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/22(月) 03:29:29
ハリー・ポッターの話。
ネタバレ上等スレだけどまだ完結してないし念のため注意。

人間界のおじさん宅に引き取られ不遇に育っていた孤児ハリー。
おじさんおばさんいとこに毎日いじめられている。
が、実は彼は魔法界で皆に尊敬されていた優秀な魔法使い夫婦の息子だった。
ハリーの両親は、魔法学校時代は成績優秀、成人後も
悪の魔法使いに立ち向かう勇気ある魔法使いだったが
そのために狙われて、あかんぼうだったハリーを守って命を落とした。
いわば魔法界の英雄。

と思って読み進めて前作「不死鳥の騎士団」まで来たら、
ハリーの父親は子供時代結構悪たれだったのはいいとして
気に入らない子(まあ陰気な奴だったが)をいつも笑い者にしていて、
とくに気になっていた女の子(のちの妻)の前ではエスカレートして、
クラスメートたちの前で彼のパンツ(汚かった)さらしものにしたり、
女の方も最初はとがめたりしても結局そんなDQN男にひかれていったりで
いじめられた方は魔法学校の先生になったけどそれを根に持っていてハリーにつらくあたっている。

ハリーの両親も結局おじさんおばさんいとこと同じ品性下劣な連中で
そんなのが魔法界の英雄で、その息子がハリーだと思うとなんだかもやもやする。

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻set(携帯版)
ハリー・ポッターと
不死鳥の騎士団
上下巻set(携帯版)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]
ハリー・ポッターと
不死鳥の騎士団 [DVD]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]
ハリー・ポッターと
不死鳥の騎士団 [Blu-ray]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...