ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その49 » 餓鬼(古賀新一)

525 名前:餓鬼1 投稿日:2006/06/24(土) 13:20:55
エコエコアザラクと同じ作者の漫画。タイトルは餓鬼。

少年と犬が地下室に閉じ込められている。
必至で出してと叫ぶが誰も助けに来ない。
実は少年の父親は再婚で、後妻に入った女は子供嫌い。
世話をするのがうっとおしいので邪魔な先妻の子を殺そうと
団地の地下倉庫に閉じ込めたのだ。
犬を一緒に閉じ込めたのは一人で餓死するのは淋しいだろうからせめての心遣いだそうだ。

少年の父親である旦那には自分の田舎に遊びに行っていると嘘をついて誤魔化していた。

そうこうするうちに時間がすぎ、少年と犬はだんだん餓えていく。
長靴をかじり餓えをしのぐ少年。
犬は実は妊娠していて地下室で子供を産む。
犬ももうガリガリにやせ細っている。

そして餓えが極限に達した少年はとうとう犬の赤ちゃんに食らいつく。
母親犬はそれを見て怒り、少年に襲いかかるが少年はそれでも
必死に子犬を食らい続ける。
だが結局、少年は生きたまま母親犬に手足を食われてしまう。


526 名前:餓鬼2 投稿日:2006/06/24(土) 13:21:32
少年がどうなったか様子を見に来た継母は母親犬に襲われ
これも生きたまま食われてしまう。

朦朧とした意識の中、少年は幻を見る。
自分を助けに来てくれた優しい母親(継母)の姿を。
——完。

子供と動物が酷い目に遭う話は本当に辛い。
継母にも天罰が下ったのはまだ救いがあるけど、
子供はたぶん助からないと思うし、マジでムカムカする。


531 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/24(土) 14:08:40
>525-526
痛ましいなぁ。後味も相当に悪いが。

532 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/24(土) 14:17:05
>>525
こんな有様になるなら、
ひと思いに殺してやった方がなんぼか良かった……
と思わせる所が恐いね。
さすが古賀新一、貸本時代から活躍してた大御所だ!!

 

魔女地獄―古賀新一傑作集 (角川ホラー文庫)
魔女地獄―古賀新一傑作集 (角川ホラー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...