ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その50 » ライカ犬

749 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/16(日) 20:21:10
がいしゅつだろうけど、初めて宇宙に出た小さな犬の事がずーっと後味悪いまんま。

身体中コードを付けられて、ロケットの狭い気密室に押し込められて、
たった一匹で宇宙に打ち上げられた小さな雌犬。

酸素が切れて苦しませるよりは、と何日目かの餌に毒が入れられたとか。
計算より早く酸素が切れてしまったとか。
パニックを起こしてショック死したとか。
断熱が上手くいってなくて、打ち上げの時に焼死してたとか。

死因についてはいくつかの説があるけど、どの道生きて帰る道は最初から無い。

その後地球の周りを何周か回った後、ロケットは大気圏に突入。
ほとんどが燃え尽き、地上に帰ってきたのはわずかな残骸のみ…


753 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/16(日) 21:08:49
>749
ライカ犬か。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB_(%E7%8A%AC)

755 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/16(日) 21:58:43
>749
何の漫画だったか小説だったかは忘れたけど、結構不幸な境遇の
少年が主人公の話があって、少年が自分身の上を思い返すとき、
「僕は、宇宙船の実験に乗せられて打ち上げられた犬よりはまだ幸せなのだ」
と述懐するシーンに、いや何も、そんな悲惨のきわみみたいなものと
引き比べるのも哀しすぎるだろう…と鬱ったことを思い出した。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...