ホーム » 小説 » その他書籍 » 視力回復

17 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/02(月) 00:10:18
わりと有名な本に載っている実話だが、
3歳くらいで失明し、40歳くらいで視力を回復した男の話。

光は感じるし、それなりの視力があるはずなのだが、
「見えること」自体が全く初めて(3歳頃の記憶なんてもう消えている)のため、
前に見えているものが何なのか全く分からない。
彼にとってはただの光の洪水。遠近も分からない。焦点もどこにも合わせられない。
だから結局、杖をついて歩く方が楽だった。まぶしさが苦痛なので結局サングラスをしたりする。

年月が経って少しは慣れ、文字などは多少(幼稚園児くらいのスピードで)読めるようになるが、
あいかわらず独りで杖無しで歩くことができない。
40年の間に、視神経以外の場所(?)が発達しすぎてしまったので、脳が慣れてくれないのだった。

そんなこんなのうちに、目の症状が再発したか何かで結局再び失明。


22 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/02(月) 01:15:59
聞いたことがある、盲目の人が急に視力回復して苦労する話。

目の見えない父親が手術して目が見えるようになって、
まだ幼い娘が一緒に動物園に行きたいと言った。
娘は父親に大きな象を見てもらいたかったのだが、
父親は象を見たことがないのでイメージができなかった。
象のおもちゃを触れば「これは象のおもちゃ」と言えるが、実物と結びつかない。
動物園に行くまで娘の期待を裏切らないように父親は
「象」の絵や写真で事前に頭に叩き込んでいった。
ところが当日、父親は象の柵の前に来てもわからなかった。
彼には「大きさ」の概念がまだなかったらしい。
娘に「パパ、あれが象だよ」と言われても、かえって混乱してしまう。

バリアフリーとは言うけど、根本的な違いはどうしようもないな(´ω`)


51 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/10/02(月) 16:50:32
>17

つ【カスパーハウザー】


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...