ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その58 » 世にも奇妙な物語/「言葉のない部屋」

362 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/06(月) 13:08:41
「世にも奇妙な物語」の1エピソード。
中学卒業して集団就職した若者(木村 拓哉)は、内気な性格が災いして東京に馴染めない。
仲間と一緒に遊びに行くこともできず、一人工場とアパートを往復する毎日。
給料日、若者はテープレコーダーを買う。
自分で吹き込んだ「お帰りなさい」「おはよう」という声を繰り返し聞き、孤独を紛らわす。
ある日、彼は母親にテープを送ろうとまったく嘘の近況報告を行う。
「東京は毎日楽しいです。友達も沢山できました・・・」
吹き込んだ内容を再生する青年。しかしその内容は、全く別のものになっていた。
「母さん、田舎に帰りたい!!さびしい!」
青年はその場でショック死する。
変死した青年のアパートで警察が現場検証を行っている。
遺体の側に放置されていたテープレコーダーの「東京は毎日楽しいです・・・」という内容を
聞き、「何でこんな未来ある青年が死ななくてはいけないのか」と嘆く刑事たち。」

363 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/06(月) 13:35:39
>青年はその場でショック死する。

映像で見ると違和感無いんだろうけど
文字だけで見ると超展開すぎて笑える


365 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/06(月) 14:14:50
>>363
確かにw
スペランカー並だよなw

369 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/06(月) 18:14:57
>362
それ覚えてる!キムタクが黒ぶち眼鏡かけてモッサリした青年演じてた
母親に送るテープを再生してみると青森弁で
「東京者に馬鹿にされて馴染めねぇ~誰も相手にしてくれなくて寂しい」とか
頭を抱えて絶叫するキムタクと延々青森弁の嘆きが再生されるテープが・・・

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...