ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その60 » シャボン玉

904 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/14(木) 13:48:17
シャボン玉とんだ
屋根までとんだ
屋根まで飛んで
壊れて消えた
風風吹くな
シャボン玉飛ばそ

シャボン玉=赤ちゃん
風=車
っつーのを聞いたことがある。
車にはねられた赤ちゃんの歌だそうな 


907 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/14(木) 15:14:26
2番
しゃぼん玉 飛んだ 屋根より高く
ふうわり ふわり つづいて飛んだ
しゃぼん玉 いいな お空に上がる
上がっていって かえってこない
ふうわり ふわり しゃぼん玉飛んだ

909 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/14(木) 15:18:32
>>904
車にはねられた勢いで空まで吹っ飛んだ赤ちゃんの歌じゃないよw

その歌の作詞者、野口雨情は一人目の子供を病気で亡くしていた。
その後、二人目、三人目の子供に恵まれたものの
最初の子を失ったときの悲しみが忘れられず
弱い子供たちの命のはかなさと、いとしいわが子に無事に育って欲しいという願いを
しゃぼん玉にたとえて作詞した。

ただ、雨情はその歌を作ったあとにも愛娘の恒子を亡くしてしまうのだった。
仕事先で急死の知らせを聞いた雨情は、土砂降りの中で泣き叫んだと言われてる。


910 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/14(木) 15:19:48
>>904
七日で無くなったらしいよ

童謡普及のため、童謡歌手を連れて全国を回っている旅先で
娘の死を伝える電報を受け取った野口雨情は悲しみにいてもたってもいられず
雨の中を走り回ったそうだ。そして出来たのがシャボン玉の歌詞だとか。
悲しい詞ですね。


919 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/14(木) 19:25:18
ちなみに自分が知ってるのは

しゃぼん玉消えた
とばずに消えた
生まれてすぐに
こわれて消えた
風風ふくな
しゃぼん玉とばそ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...