ホーム » 小説 » 小説/か行 » 偽装大作戦(レイ・ブラッドベリ)

725 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/19(金) 21:41:26
「偽装大作戦」
金星人が繁殖能力が衰えたため、地球を襲い地球人の女をさらって子供を産ませることにした。
ところがいざ地球にきてみると、どこもかしこも自殺した地球人の死体の山。
廃墟を、主人を失った犬ばかりがうろついている。
あせる金星人。はやく地球人の女をみつけないと、あと40年で絶滅してしまう……。
実は地球人達は、金星人の魔手を逃れるため、ある計画を実行に移していた。
それは、5億人くらいの脳を取り出して見つからぬ場所に保存。
少数の人間が脳を犬の体に写して金星人をあざむき、彼らが絶滅した後に脳みそ人間達を復活させる。
それ以外の大勢の人々は、秘密を守るため全員自殺。
ちゃんと自殺するか見張る監視員もいるので、とても逃れられない。
犬人間が、犬的感覚を楽しみながら走っていくラスト。

726 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/19(金) 21:54:54
>>725
別の意味でショックを受けた。
好きだった小説とネタが似てる。
725の小説が書かれた時期が明らかに先だ。
俺にとっては後味が悪い。

 

火星の笛吹き (ちくま文庫)
火星の笛吹き (ちくま文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...