ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 医者欲しさに

72 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 04:02:30
思い出した。誰かの短編小説。

とある島に待望の医者やってくる。
やってきた医者は問題を起こして大学病院にいられなくなり、島に逃げてきた。
そのうち医者は何かのきっかけで人を殺してしまい、自棄になった挙げ句島の女性をレイプする。
いつ発覚するかビクビクしていたが、何一つ露見しないまま島での滞在期間は終わる。
本土に戻る船の中で、安心した医者は出来心から島民に殺された男の話を持ちかけた。
島民は顔色一つ変えずに医者が殺したんだろうと返答する。
真っ青になる医者に、島民は「村には滅多に医者は来ない。たまさか来た医者は大切にするだけだ」ってなことを言う。
島民はみな医者の所行を知っていたけど、医者ほしさに口をつぐんでいただけって話。


74 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 07:24:53
むしろこの医者ヤり放題でウッハウハじゃん。

75 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 07:27:19
いや、後味悪いよ。殺された遺族や暴行被害者の女性に寄ってたかって
「今医者がいなくなると島民全員が迷惑するんだから!!」とか説いたんだろうな。

76 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 07:31:07
イナカデハ ヨクアルコト

78 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 09:51:11
途中までドコターコトーだと思ってた

79 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/28(月) 10:41:22
確かに2行目まではコトーだw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...