ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その70 » 生けにえ(手塚治虫)

385 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/04(月) 14:11:32
じゃあマンガ繋がりで手塚治虫「生けにえ」

2千年前のメキシコで、生け贄の少女がいま祭壇上で首を切られようとしている。
「神様、私はもっと生きたいんです…あと10年生きて幸せな家庭を持ちたい。どうか願いを叶えて」
「わかった」と神の声がそれに応え、そして少女は意識を失う。

気づくと現代日本のどこかの島に記憶喪失状態で流れ着いた少女、
助けてくれた少年と恋をし結婚し子供も生まれる。
幸せな生活だったが徐々に自分が生け贄だった記憶が戻ってきて10年目、
技師としてメキシコに行くことになった夫に
「大昔に生け贄になった少女がいるの その子のために祈ってあげてきて」と言葉を残し
台所からふと消えてしまう。夫は必死で探すが見つからない。

2千年前のメキシコに少女の意識は戻ってくる。刀が振り下ろされ、少女の首が切り落とされる。end


388 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/04(月) 14:41:24
>>385
神様、そこまで叶えてあげるなら
助けてやれよーと思ってしまうw

 

ザ・クレーター(1) (手塚治虫漫画全集 (218))
ザ・クレーター(1)
(手塚治虫漫画全集 (218))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...