ホーム » 小説 » 小説/は行 » 破戒(島崎藤村)

523 名前:破戒 1/2 投稿日:2007/06/07(木) 03:10:13
島崎藤村「破戒」

明治後期。被差別部落に生まれた主人公の丑松は、
「出生を隠せ、二度と故郷に戻るな」と言う父の戒めを
頑に守りながら成人し、小学校の教師となる。
彼はいつしか、生徒に慕われる人望ある教師となる。

その中で、同じく被差別部落出身の女教師、猪子と出会う。
猪子は己の出生を隠す事無く、解放運動に参加し、不当な差別と戦っている。
丑松は尊敬と恐れを抱きながらも、己が出生を隠している事に悩む。
猪子にならば、己の出生を打ち明ける事が出来るかもしれないと思うが、
どうしても口に出せずに居た。

ある日、「学校に被差別部落の人間が居る」と言う噂が流れる。
そんな中、猪子が死ぬ。解放運動に携わっていた所為で殺されたのだった。
丑松は己の出生を、皆に告白する事に決める。


524 名前:破戒 2/2 投稿日:2007/06/07(木) 03:10:54
「(皆さんを騙していた事を)許して下さい」そう言って教壇に跪く丑松。
(父の戒めを破った=破戒)
非差別民だと分かった瞬間、丑松を追い出そうとする校長や同僚。

丑松は学校を辞めた。
そして友人(丑松の出生は知らなかったが、知っても友情は変わらず)や
一部の生徒、恋仲のお志保に見送られ、アメリカ、テキサスでの日本人村計画に
参加する為に旅立つ。

大人になって読み返すと結構いい話だし、藤村にしては読みやすいので
興味がある方はぜひ。
ただ丑松の「許して下さい」宣言あたりは「いや、黙ってればいいじゃん」
「つか校長さん…」等と後味悪い思いをするかと。
他にも所々に鬱になる描写が存在したり。

ちなみに丑松の父は牧場をやっていて、種牛に蹴り殺されて(うろ覚えだが)死んでしまう。
で、丑松は牧場をやる事を夢見て新天地に旅立った訳です(恋人は日本に置いて行った)。


525 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/07(木) 03:24:50
>>524
後味いいじゃないか

526 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/07(木) 04:15:35
なんか2ちゃんだと部落はヤバい、みたいな事しか言われてないから新鮮だった。

527 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/07(木) 06:01:21
部落自体がヤバイんじゃなくて今の部落がヤバイんだよ。
今の時代、部落出身者とかもはや関係ないのに、
わざわざそう名乗ってる奴等は給付金目当てのハイエナだから。

531 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/07(木) 10:37:18
>>524
明治後期に渡米ってことは
その30数年後に太平洋戦争勃発、収容所送りか。
しかも有色人種ってだけで差別されるだろうし、特に南部なら。
なんか渡米した後も大変そうだな。

544 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/07(木) 16:10:42
破戒については、確かに最後は後味悪くないかな。
ただこの作品、被差別部落の方からの駄目だしもあった様で
何度か書き直した箇所があるとか。評価もされているけど
「藤村の限界はここか」と言われたりもしている様です。

 

破戒 (岩波文庫)
破戒 (岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...