ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その71 » とわいらいと通信/星に願いを(田川滋)

333 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/19(火) 01:06:41
田川滋 「とわいらいと通信」より「星に願いを」

木登りや虫採りなどに夢中になり、気付けば日が暮れていて
親に叱られるんじゃないかと家に入るのを恐がっている時、
流れ星が光り、「叱られませんように」とよく祈った

という昔の思い出を語る老人の話を聞く少女。
少女は虫も木も星も見たことがなく、パソコンで検索した木の画像に心を奪われる。
ベランダに出て外を見るとビルと煙突、空を覆う煙。
その空に光ったものがある。流れ星に祈るのは
「緑のきれいな、木のある世界へつれていって」
その瞬間、閃光が走る。
「その時、氷みたいに溶けていくビルの向こうにはっきりと見えました。
 大きな大きな木です。
 星が私のお願いを聞いてくれたのです」

キノコ雲の絵で終わり。

 

とわいらいと通信 第1巻 (ノーラコミックス・デラックス)(全3巻)
とわいらいと通信 第1巻
(ノーラコミックス・デラックス)(全3巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...