ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 青色の悪夢(フレデリック・ブラウン)

713 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 00:58:01
フレデリック・ブラウン「青い悪夢」(だったと思う)って言う短編

泳げない男がいて 彼の目の前でまだ幼い子供が溺れる
彼は飛び込んで我が子を助けようとするが
それでは自分も一緒に溺れるだけだ 助けられない と考えて
家まで必死に妻を呼びに走る
駆けつけた妻が水に飛び込み 子供を抱き上げる

冷たくなった 動かぬ我が子を抱いた妻は
膝までの深さしかない水の中に呆然と立っていた


714 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 01:06:01
子供も浅い事に気がつけば良かったのになあ。
いくら小さくても大人の膝くらいまでなら流石に足つくだろう。

 

未来世界から来た男 (創元SF文庫 (605-1))
未来世界から来た男 (創元SF文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...