ホーム » 小説 » 小説/か行 » くじ(シャーリィ・ジャクスン)

735 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 10:46:11
同じくシャーリィ・ジャクスン「くじ」より表題作「くじ」

六月のある晴れた日の、全住人300人ほどの小さな村。
広場には子供たちから老人まで、住人たちが集まり始めた。そのポケットに石を詰め込んで。
広場の片隅には石ころが高く積まれている。
皆が集まったのはくじ引きの行事のためだ。年1回行われてきたこの行事はこの村を作った祖先の時代からあった。
もうずっと昔から続いてきたので、その道具も手順もほとんど失われてしまっていた。
村の年寄りも、正しい儀式のやり方は知らない。でもこの儀式は続けられてきた。
ずっと昔からそうしてきたからだ。
広場の中央に据えられた箱から、一家の代表が一枚くじを引く。
「北の村ではもうくじはやめようという話がでているらしい」
「くじをやめた村もいくつかあるらしい」
こんな会話が群集のそこかしこで聞こえる。
今年はビル・ハッチンスンがくじを引き当てた。
ハッチンスンの家族は5人。ビルとおかみさん、三人の子供。
この5人でもう1回くじを引く。あてたのはおかみさんだ。
「フェアじゃない、こんなのいんちきだ」おかみさんは叫びだす。
長い年月の間に、道具も手順も失われたけれど、石を使うことは皆覚えていた。
「さあやるんだ、みなの衆」長老のひとことで、村人たちは一斉に石をおかみさんに投げつけはじめる。
彼女の小さな息子も石を投げる。
これがくじの行事。なんのために行われてきたのかは、もう忘れられてしまった。

これもなんか嫌な話だった。


744 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/23(土) 14:53:22
乙。
こういう後味悪さは来るな。
何とも言えない後味がある。
ジャクスン探してみるか。

 

くじ (異色作家短篇集)
くじ (異色作家短篇集)
贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き (光文社文庫)
贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き (光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...