ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 不幸な子供(エドワード・ゴーリー)

901 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/25(月) 18:49:35
不幸な子供;エドワード・ゴーリー

主人公は女の子。裕福で、やさしい両親と暮らしている。
主人公には、お気に入りの人形があり名前をつけている。
ある日、軍人の父が外国で戦死したとの報告がある。
母親はショックで寝込み、そのまま死んでしまう。
たった一人の叔父も事故で死んでしまう。
身寄りが無く、引き取られた主人公は全寮制の学校に入学させられる。
そこでイジメを受ける主人公。お気に入りの人形もボロボロにされる。
ついに逃げ出す主人公。しかし途中で気を失い倒れる。
倒れた隙に、家族の写真の入った大事なペンダントを奪われ、
さらに別の人間にさらわれる。
その男によって、酔っ払いに売り飛ばされる主人公。
よっぱらいは満足な食事も与えず、内職の仕事をさせる。
(栄養不足の為か)徐々に目が見えなくなっていく主人公。
そんな時、戦死したはずの父が帰国、主人公を探し始める。
奇行が多かった酔っ払いは、ついに発狂する。
その隙に逃げ出す主人公、しかしあまり目が見えない為、車に轢かれてしまう。
そこに通りかかる主人公の父。しかし瀕死の少女が主人公とは気づかない。

これは、実は絵本です。


904 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/25(月) 19:09:37
>901
目が見えなくなったのは内職仕事を薄暗い地下のような場所でやらされていたため
最後に轢いた車は父の車じゃなかったっけ

 

不幸な子供
不幸な子供


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...