ホーム » 小説 » 小説/か行 » 銀河ヒッチハイク・ガイド(ダグラス・アダムス)

108 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/28(木) 10:12:29
「銀河ヒッチハイクガイド」の冒頭でいきなり地球滅亡の理由が後味悪い。
やってきた宇宙船が「銀河ハイウェイ建設のため、あと五分で地球を爆破します」とアナウンス。
地球人は当然抗議するものの、そのことは50年前からアルファ・ケンタウリにある出張に
公示されていたとして受け入れられず、地球人もろとも地球はあぼーん。お役所仕事って・・・

ちなみに実は人類より賢かったイルカはそのことを知っていて、ジャンプや宙返りをして
教えてくれていたが、バカな人類は気付きませんでしたとさ。


109 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/28(木) 10:29:04
>>108
そこは笑うとこだろ…

あのシリーズの4冊目って出てるんだっけ?


117 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/28(木) 12:35:16
>>108
笑うとこに同意だけど、
実はそれは表向きの理由。
裏には地球を滅亡させようともくろんだ
ある組織の陰謀があった!・・・はず。

不確実性ドライブ(だっけ?)が発動した為に
あり得ない空中に出現して墜落死したクジラ(とツクバネ朝顔)
が可哀想で後味悪かった。
つうか、あそこで可笑しくて可哀想で涙でた(w


119 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/28(木) 13:15:49
>>108
きっと、暴走皇帝エグゾスとボーゾックじゃね。

120 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/28(木) 13:20:05
銀河ヒッチハイクと言えば

はるかはるか未来、宇宙の終わりが近づいて来ている時代。
ある熱狂的な宗教団体が世界の終わりを救ってくれる救世主が光臨する筈と熱心に祈りをささげ続けている。
ついにそのときが訪れ、救世主が彼らの前に現れる。
大喜びの信者達。ついに救いがもたらされたのだ。救世主の言葉を一言も聞き漏らすまいとする信者達。
「・・・すまん」
救世主は重々しく口を開く
「ちょっと来るのが遅すぎた」
その瞬間、世界は終わり、宇宙は消滅した。

ていう話があったな。

 

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)
銀河ヒッチハイク・ガイド
(河出文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...