ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その72 » 黒石島殺人事件(諸星大二郎)

222 名前:1/3 投稿日:2007/06/29(金) 15:02:42
諸星大二郎「黒石島殺人事件」

人口百人に満たない小さな離島・黒石島で、全裸の女性の他殺死体が見つかった。
1人の刑事が、捜査のために本土から島に派遣される。

殺されたのはA子という若い女性で、胸を一突きにされた挙句顔を
切り刻まれていたという。全島民が知り合い同士のような島に
外部の人間が訪れた形跡はなく、犯人は島民の誰かで間違いない。
現に、島民の1人であるB男という若い男が姿をくらましている。
B男が何らかの理由でA子を殺し、逃亡したのだろう。
週一度本土と島をつなぐ定期船には、B男が乗り込んだ形跡はなかったため、
B男はまだ島に潜んでいると考えられる。島の男たちによって山狩りが行われていた。

刑事は死体の所在を尋ねるが、すでに埋葬されたあとだという。
死体がひどい状態だったこと、夏場で腐敗が進んでいることから、
A子の両親にすら見せずに、岬の仮葬儀用墓地に葬ったのだという。
ただ、仮葬儀で土葬にしてあるから掘り起こせば検死は出来るだろうとのことだった。
引っ掛かりを感じながらも、刑事は女性の服や凶器などについて尋ねるが
いずれもまだ見つかっていないという。また殺人現場も、島民たちに踏み荒らされたり
雨に流されたりしたせいか、手がかりになりそうな痕跡も、何も発見できなかった。

B男は見つからない、事件解決の手がかりもつかめない。民家に設置された即席の
捜査本部で刑事が煮詰まっていると、さらに厄介なことが判明する。
同じく島民の1人であるC美もまた、4~5日前から行方不明になっているという。
もしかして、山に入ったところをB男に見つかって殺されているかもしれない。
B男の捜索と共に、C美の捜索もせねばならなくなった。


223 名前:2/3 投稿日:2007/06/29(金) 15:04:42
そこに、慌てた様子で1人の老人が駆け込んでくる。
死んだと思われていたA子から電話が来たというのだ。A子は殺されてはいなかった。
それどころか、事件のことすら知らなかったようだ。よくよく話を聞くと、B男も
事件とは無関係だという。A子とB男は駆け落ちし、島の人間に見咎められないよう
小船で沖へ出てから定期船に飛び乗り、本土へ向かったのだという。
考えてみれば、刑事が引っ掛かりを感じたのも当たり前で、顔を刻まれていたのに
死体がA子だと断定できるはずがなかったのだ。姿が見えなくなったからといって、
誰かが「これはA子だ」と早合点し、それが島中に広まってしまっただけだったのだ。
では、死体の正体は今現在行方不明になっているC美だろうか。いや、それも早合点かも
しれない。刑事はとりあえず全島民を集め、再び事情聴取から始めることにした。

家に残っていた者たちが刑事のもとに集まり、山狩りに行っていた者たちも続々と
戻ってくる。アリバイや動機の議論が紛糾しているところに、一番遠い場所に行っていた
一団が帰ってくる。彼らは1人の若い女性を背負っていた。なんと女性はC美その人だった。
山菜採りに入った山奥の沢で足をくじいて動けなくなっていたのだという。
彼女もまた、事件とは無関係だったのだ。

被害者は結局誰だったのか、刑事はわけがわからなくなってしまった。
A子ではなかった。C美でもなかった。他に姿を消している女性はいない。
外部のものが入り込んだ形跡もない。
死体を見たはずの島民に、なにか特徴がなかったか問い詰めても、
「暑くてぼうっとしていた」「草いきれと死体のにおいが凄くて夢を見ているようだった」
「あの日は酔っていた」などと言葉を濁されるばかりで要領を得ない。とにかく次の船で
鑑識をよこしてもらうことにして、刑事はその日の捜査を終わりにした。
鑑識がやって来次第、仮埋葬された死体を掘り起こして身元を調査してもらわなければならない。


224 名前:3/3 投稿日:2007/06/29(金) 15:07:47
ところがその夜、台風が島を襲い、死体を仮埋葬した岬が海へと崩れ落ちてしまった。
天候が回復した翌朝、刑事は死体を捜すが、海に投げ出されてしまったのか見つからない。
島民の話では、この地点に沈んだものはまず上がらない。海底で崩れた土砂の下敷きに
なっている可能性もある。死体を再び見つけるのは絶望的だった。

途方に暮れる刑事に、島民たちは信じられないことを言う。
「この事件はなかったことにして欲しい」というのだ。
人がひとり殺されているのに何を、と刑事は激昂するが、島民は淡々と続ける。
いわく、「あれはどうも勘違いだったらしい」「みんながはっきり死体を見たわけではない」
「みんなが騒ぐから混乱していた」「なにしろ暑かったから、みんなありもしないものを
見たのだ」「死体のもの凄いにおいだって、ただの草いきれだったのだ」
「あれは悪い夢だったのだ」「そういうことにしておいてはくれまいか」
「島の人間は全員無事だったのだから」……
当然釈然としない刑事は食い下がろうとするが、島民たちによる無言の圧力のようなものに、
黙らざるを得ない。
島民たちが去ったあとも、刑事はただ1人、崩れた岬の突端に呆然と立ち尽くすのだった。

(終)

殺人という大事件を「なかったこと」にしようとする島民の態度に薄ら寒さを
覚えると同時に、結局殺人事件そのものすらうやむやにされてしまって
なんともいえないモヤモヤ感。


237 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/29(金) 18:14:17
>>224
実際死体じゃなかったんじゃないの?

 

ぼくとフリオと校庭で (アクションコミックス)
ぼくとフリオと校庭で
(アクションコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...