ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 居酒屋(エミール・ゾラ)

386 名前:ゾラ「居酒屋」 投稿日:2007/07/12(木) 18:25:23
美人で気立ての良いジェルヴェーズは恋人と二人でパリに働きに出る。
しかし怠け者の恋人は働こうとせずジャルヴェーズをあてにする。
挙句に恋人は新しい恋人を作り、ジャルヴェーズから逃げる。
一人残されたジャルヴェーズだが、めげずに善良に生きた為真面目な屋根職人にプロポーズされる。
夫婦で頑張って働いた為、洗濯屋を開くことが出来るが開店してまもなく夫が大怪我してしまう。
莫大な治療費が必要となるが、幸い彼女に思いを寄せる鍛冶屋が用立ててくれた。
経営は持ち直すものの、夫は事故以来アル中になり、全く働かなくなる。
しかし店は繁盛し、金持ちになったジャルヴェーズは元恋人とその妻を招待して見返してやろうと思い立つ。
だが、夫妻は悔しがるそぶりをみせずあろうことか隣室に越してくる。
ジャルヴェーズは夫妻のことが気がかりで経営が手につかず、売り上げが落ち始める。
やがて夫妻が店を乗っ取るつもりだとわかったジャルヴェーズは何とか策を練るが
夫が死んでしまう。
夫の死でジャルヴェーズ自身もアル中になり、ついに店は潰れる。
店の跡地には元恋人夫妻が小じゃれたお菓子屋を建てる。
貧苦と心労でやつれ果てたジャルヴェーズは道端で野垂れ死にする。

388 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/12(木) 20:36:08
>>386
鬱過ぎるだろ…
ジャルヴェーズは男を駄目にするタイプの女なのかねえ

393 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/12(木) 22:19:08
>>386
可哀想なはずなのに、ここまで同情できないヒロインは初めてだ。

439 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/13(金) 10:50:31
>>386
ジャルヴェーズの娘をヒロインにした続編もあるよ。
そっちは母親と逆で男を弄ぶ女の話。
確かタイトルは「ナナ」。

 

居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))
居酒屋 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...