ホーム » 小説 » 小説/か行 » 凶夢(星新一)

695 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/16(月) 23:17:56
星新一で夫婦仲が悪い話というと、新婚夫婦の話を思い出すな。

老人が新婚旅行中のカップルと知り合う。
写真を撮ってあげて焼き増ししたら送ると言って住所を交換する。
写真のやりとりを終えた後はすっかり忘れていたが、
ある日カップルが鬼の形相で喧嘩する夢を見て老人は不安になる。
不安になった老人は地元の名産品に手紙を同封して郵送する。
カップルからは丁寧な礼状が届いて老人は安心し、そのまま忘れる。
しかし一年後、またカップルが殺し合う夢を見て不安になる。
地元の(ry

これも何かの縁だと老人は名産品を送り続け、それが十数年続く。
やがて老人は寿命を迎えた。
その年、カップルの元には老人からの名産品が届かなかった。
冷め切ってお互いを疎ましく思っていたカップルは、責任をなすり合って喧嘩する。
お前が礼状を出し忘れたから老人が怒ったんだ、あんたの手紙がヘタだからだ、
そうやって逆上していくうちにとうとう殺し合いに発展してしまった。

二人の関係は時々届く老人の手紙によって、かろうじて保たれていた。
老人が死んだ後、二人を繋ぐものは何も残らなかったのだ。

 

凶夢など30 (新潮文庫)
凶夢など30 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...