ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 退院したくない

709 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/17(金) 01:17:27
O・ヘンリーの話だったと思う。

ある仲のいい夫婦がちょっとした事故を起こしておばあさんにけがをさせた。
おばあさんは入院。夫婦は献身的におばあさんを見舞った。
おばあさんには身寄りがなかった。

けがは治った。医者ももう、退院していいと言った。夫婦はおばあさんに言った。
「けがをさせて申し訳ありませんでした。でも、もう大丈夫。退院できますよ。
 おばあさんの家まで送りますよ」
おばあさんは大声を出した。
「痛い! 痛い! 治ってないよ、とても退院なんてできないよ!」

結局、おばあさんが痛がるので、退院は延期になった。

それから退院の話になるたびにおばあさんは痛いとわめく。
明らかにけがは治っているというのに。

廊下で奥さんが旦那さんに泣く。
「いったいどうすればいいの?」
「痛いというのだから仕方が無いだろう」
「元気そうじゃないの。退院の話になると痛いというのよ?」

…なんか実際にありそうな話で後味悪かったよ…。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...