ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その79 » 喰いタン/第1話「マスカルポーネを喰う」(寺沢大介)

22 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 03:53:17
喰いタンで思い出した。一話目だったかな?のエピ。

金持ち爺の嫁が殺される。
嫁は若く美人で夜中にも関わらず化粧をしていたため、
浮気相手に殺害された線で捜査が始まる。
しかし金持ち爺は否定した。
嫁は若くて美人だが一生懸命尽くしてくれた。
毎日うまいものを作って大事にしてくれた、浮気なんてとんでもないと。

しかし探偵はミラクル推理で事実を突き止めた。
実は嫁は毎日高カロリーでうまいものを食わせて、
でぶっちょ爺を糖尿病で殺す計画を立てていたのだ。
その後はがっぽり入った遺産で再婚して人生を謳歌するつもりだった。


23 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 03:53:55
嫁のたくらみに気づいたケーキ屋の婆は「あの女が色香でたぶらかした」と嫁を憎んだが、
爺に言っても無駄なので低カロリーのケーキを届けることで高血圧を防ごうとしていた。
が、ある日浮気現場を見て爺を馬鹿にする発言を聞き、発作的に殺してしまった。
本当に爺の身体を考えてたのは婆で、嫁は金目当ての酷いやつ ってな落ち。

なんだが納得できなかった。
若くて美人の嫁が毎日ごちそう作って尽くしてくれたら、それだけで十分じゃないか。
気持ち入ってなかろうが、爺に全く気づかれないくらい大切にしてたんだし
どうせ年で先行き長くないのにその間はずっと大事にしてくれんだし。
ちなみに爺と婆は昔恋人同士で、婆は爺に捨てられて
それでも20年か30年思い続けて爺の家の近くでケーキ屋を開くストーカーっぷり。
ケーキの配達人ってだけなのに、爺不在の時に勝手に家に上がり込むとか
冷蔵庫覗くとか行動がおかしすぎる。


25 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 05:20:02
>>22-23
そんなのあったね。
しかも後日談もあってその中でも終始ババアはイイ人扱いだった。

26 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 08:00:15
>>22-23
死人に口無しだな
作者が美談にできたと思ってるんだろうが、失敗しちゃったってことだな

27 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 09:24:59
あの漫画ってたまに犯罪者に甘くなるから嫌だ。
殺人未遂を犯した奴が逮捕すらされなかったし、この前のは事故とはいえ主人公自身が放火魔になりかけたし。

28 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 09:57:40
>>27
推理漫画のお約束だね。
コナンや金田一もそうだ。
しかし何でミステリ漫画では犯罪者擁護が主流なんだろ?
ミステリ小説ではそんなことないのに…

29 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 10:16:23
>>22-23
糖尿病で殺すって、食費やら治療費やら考えたらばかばかしいとは思わんのだろうか。
しかも、高血圧防ぐために低カロリーとはいえケーキ食わすとは。
婆さんも共犯じゃねーか。
ダイエットのためにダイエットコークを飲むピザみたいな発想だな。

30 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 10:53:13
>>28
いい話にしたいんだろう。
でも、ほとんど無理やりなんだよなw

35 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 13:33:23
>>23の嫁擁護がキモいのが一番後味が悪い

 

喰いタン(1) (イブニングKC)
喰いタン(1) (イブニングKC)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...