ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その79 » ガラスの墓標(槇村さとる)

200 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 16:05:15
そういえば大昔の牧村さとるの漫画が救われなかった。

子供の頃に読んだきりなので、細かい設定とか完全なラストなどは忘れたけど、
出だしは若くて美しい女性Aの結婚式。
新郎Bは高校生の頃から付き合っていたハンサムで誠実な青年
Aの不幸な事件を二人で乗り切っての結婚だった。

Aには2歳年下の美少年の弟Cがいて、幼い頃纏わりついてうるさかったCを
Bがうっかり突き飛ばした拍子に、足に大怪我をさせて車イスの身にさせてから
Bは、Cに関して後ろめたい気持ちから献身的にCに尽していて、
CはそういうBに対して盲目的に愛している模様。

それでも、高校生の同級生のAと恋したBは、家に連れてきて
CにAを紹介する(当時二人はまだ清い関係だった)
愛想良くAに挨拶するC・・・・

ところがそれから暫くして、Aは見知らぬ男性に通りすがりに
レイプで処女を失う事件が起きる。
苦しむAとB・・それでも二人の愛は変わらず、交際は続き今日の
佳き日を迎える事になった。


201 名前:200 投稿日:2007/11/21(水) 16:05:50
Bが参列者への挨拶に行って、一人きりになった花嫁の控室で
自分の幸せに酔うAの元へ車椅子のBがお祝いの挨拶にやってきた。
「おめでとう、お義姉さんになるんだね・・でも平気なの?」
意味が判らないAにCが続ける
「ねぇ・・あの時は暗がりで判らなかったでしょ?、
 あんたを汚した犯人ってこんな奴じゃなかった?クスクス・・」みたいに言いながら
車いすから立ってAに近づくC

あの時の恐怖が蘇って、パニックになったAは4階の控室の窓から飛び降り
頭蓋骨粉砕骨折で即死、愛するAの突然の死に絶望するBだが
死の直前にCに会っている事に気が付いて、留守の家に帰ってみると
そこに車椅子のはずのCが立ってBを迎えて、昔Aをレイプしたのは自分だったと打ち明ける。

実はCの怪我は最初から治っていた。兄を盲愛するCはBを罪悪感から
Cに縛り付ける事で、独占しようとしていたが、恋人のAの出現でAを憎み
レイプして汚し、別れるように仕向けたのに、Bが自分を裏切ってAと結婚を
しようとするから、Aを殺す事にした、Bを本気で愛していたのは自分なのに
・・とCは服を脱いで全裸になって「愛してよ・・兄さん・・」と迫ってきた、
全身全霊でAを愛していたBはAへの愛と、弟Cへの情愛と
板挟みの中で苦しみながらも咄嗟にCを刺してしまう。

虫の息の中で、Bに抱かれながら「これで兄さんは一生僕のものだ・・」と
勝ち誇ったように死んでいくC

物語の中で、AとBの真面目で誠実な人柄や、真剣な交際、レイプ事件が起きた時も、
必死で乗り越えて愛を育んできた過程が書かれてかったのに
中2病のCの為にAは無残な死体に、Bは人殺しかよと最悪な結末に茫然とした。


202 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 16:22:22
乙。だが頼むから推敲してくれ。

途中までAとBが幼馴染で、
Aの弟=Cだと思って読んでたので混乱した。
Bの弟=Cなんだよな。
ついでに車椅子のCがお祝いの挨拶に・・・だな。


204 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 16:58:34
>200=201 つまり修羅場スレ的に言えば

俺男(自分)=18歳の美少年 足が悪く普段は車椅子
兄彦=俺男の兄24歳 子供のときにふざけて俺男の足を悪くしたことを気に病んでいる
嫁子=兄彦の結婚相手24歳 過去にレイープされたことあり(したのは俺男だけど知らない)


206 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 19:13:52
>>204
何その気持ち悪い当て名

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...