ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 頭の大きなロボット(星新一)

765 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/07(金) 22:13:26
星新一「あたまの大きなロボット」
ある忘れっぽい男が口座番号などの機密情報を記録しておくためにロボットを作る。
中を見られては困るので、ありとあらゆるセキュリティを盛り込み、
男の人差し指の指紋で起動するようにした。
それらを全て頭に組み込んだところ、相当頭の大きいロボットになってしまった。

ある日、男は酒を飲んで酔っぱらい、ロボットに抱きつく。
だが頭が大きすぎたロボットはバランスを保てず、ひっくり返ってしまう。
そしてその大きくて重い頭の下には、男の人差し指が…

 

未来いそっぷ (新潮文庫)
未来いそっぷ (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...