ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その83 » 虐待ブログ

378 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 12:38:04
ニュー速+か何かでチラッと見たブログが忘れられない。

中学生の男の子のブログだったんだけど、内容が悲惨すぎ。
生まれたときに母が産褥死、そのすぐ後に父親再婚。弟二人をもうける。
父親は一切育児に興味を持たず、継母は男の子をかなり虐待していた。
学校ではてんかん持ちと元いた地域のなまりという理由でかなり壮絶ないじめを受けている。
もちろんまともに勉強できる環境でもないので成績も悪い。

それだけでもお腹いっぱいな悲惨っぷりなのにブログが進むにつれて新たな情報が入ってくる。
再婚したとき、継母は17歳くらいだったらしい。
「母親と一緒に死ねばよかったのに」とよく言われるらしい。
担任がカラ回って余計いじめられる、悪循環の繰り返し。
(いじめ110番のシールを机に大量に張られるとか)
たまに家族そろって外食するときは一人だけ留守番。冷凍ものや1000円札が夕飯。
お正月に親戚の家へいくと一人だけお年玉がない。
小学生の弟にもなめられる、我儘でいうこと聞かないのを全て男の子のせいにされる。
親からは文房具すら買ってもらえないのに、弟たちはたくさんおもちゃを持っている。

ブログにコメントつけてメールなどで励ます優しい人たちもいたのだが、
情緒不安定なため深夜にしつこく連絡してくるなどに耐えられず
「自分だけかわいそうって思ってるんじゃねえ」とコメントされ、常連の人は消えていった。
それからしきりに「死にたい、死にたい」が続きブログ自体がFOしてしまった。
自殺してしまったのか、親の虐待かいじめかでブログが続けられなくなっているのか
精神がおかしくなったのか、それとも壮大な釣りだったのか
よくわからないままブログ自体が消えてしまった。

ブログが真実だったら、きっと無事ではいないんだろうなと思うたび後味悪い。


382 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 16:46:24
文房具すら買ってもらえない環境なのに、パソコンは自由に使えたの?

383 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 17:48:37
>>382
かろうじて決められた時間だけやらせてもらえていたらしい。
でも悪いこと(?)をしたら数日禁止だったはず。

384 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 18:25:51
>>383
ネタくせぇ

385 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 20:33:00
ネタっていうかメンヘラのかまってちゃんの創作だな。

386 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 20:40:46
ネトヲチ板じゃ割りと有名な釣りブログだよ
学校の記述なんかで現代の中学とは違う部分が多々あって
検証の結果、おそらく30代半ばくらいの男性の創作物ということで決着がついてた

その二ヵ月後くらいにまったく同じ文体で「自称中学三年生」の男子による
親からの虐待などのブログが発見されたが、そっちは1ヵ月もたずに消えた


388 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/24(日) 20:57:52
>>378
すっきりしてよかったね
いじめ・虐待されてた子供はいなかったんだね的なオチで

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...