ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 鋤

294 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/11(火) 03:13:28
民話で思い出した。

貧乏な農婦は朝から晩まで畑仕事に精を出している。
幼い我が子を背負って畑に行き、
仕事中はカゴの中で遊ばせて帰りはまた背負って帰る。
仕事に疲れた妻は足を引きずり帰っていた。
手に持った鍬があまりにも重く、思わず肩にかついでしまった。
鍬、子供直撃。子供あぼん。


295 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/11(火) 04:12:21
>>294
うわ、実に正当に後味悪い話だ。
ストーリーらしいストーリーが何も無いのに
聞いた側が色々考えてしまう良く出来た話だ。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...