ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 運命のボタン(リチャード・マシスン)

89 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/11(金) 02:03:27
図書館でかりた

金に困って喧嘩の絶えない夫婦の所へ謎の宅配が届く
中にはボタンが1つついた箱 説明書なし
後日謎の男が現れ、その説明
をする ボタンを押せば
夫婦と全く関係のない人が死に確か数千万円相当がもらえると明日それを取りに来ると告げ男は去る。
箱を分解してもセンサーの類いはなし
しかし真面目な夫はもしもを思って反対するが強欲な妻は
押してしまう、次の日男が来て、なぜかボタンを押した事を知っていて大金を夫婦に渡すと箱を回収して去ろうとする、
そこで夫婦が箱を何に使うかと聞くと
「あなた方と全く関係のない人に同じことをする」とそこで驚愕した夫婦の顔のアップ
ありきたりかも知れないがその時は後味悪かったな

 

運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)
運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...