ホーム » 小説 » 小説/は行 » 蛇(町井登志夫)

794 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 16:29:14
異形コレクションの獣人に収録されてた、「蛇」。
うろ覚えで紹介。

ある病院に、蛇に噛まれたといってきれいな女の子が担ぎ込まれてくる。
その子は痛い痛いというけど、蛇に噛まれた後も見つからず、原因も分らないうちに
女の子の手足、首がはれ上がっていく。けど原因が分らない。

その後、女の子の声から、女の子が父親からレイプされていて
蛇に噛まれたというのはその象徴であることが分る。
痛みの原因は、レイプされたショックにより免疫機能が異常に働いて
体を破壊していると推察された(うろ覚え)。
父親が、そんなことは嘘だといって女の子の手を引っ張ったところ手が肩から腐り落ちる。
女の子は痛みに泣き叫びながら部屋から走り去る
。血を追って女の子を発見すると、そこにはもう一つの手、
片方の足が切れてうごめいてる女の子の姿があった。その姿はまさに蛇のように見えた。


795 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 16:58:31
>>794
ゾクッとした

 

獣人 ―異形コレクション (光文社文庫)
獣人 ―異形コレクション
(光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...