ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 安達ヶ原の鬼婆

694 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/04(火) 12:44:1
安達ヶ原の鬼女

公家の姫君に仕えていた乳母、岩手は、
重い病にかかった姫を救う手だてを求め、独り旅立った。

長い旅路の途中で”妊娠した女の生き胆”が病の特効薬だと聞いた岩手は、
安達ヶ原の岩屋に住みつき、妊婦の旅人が通りかかるを待った。
やがて秋も終わる頃、岩手のもとに、旅の若夫婦が訪れる。
妻は妊娠しており、その晩産気づいて苦しみ始めた。
ここぞとばかり、夫を村へ助けを呼びにやり、そのすきに妊婦の腹を裂き、生き胆をとりだす岩手。
だが、妊婦が持っていたお守り袋に記された名を見、この妊婦が昔里に残してきた自分の娘であっ
たことを知る。
都の母の元で赤ん坊を産みたい、孫の誕生を喜んでもらいたい、そのための道中だったのだ。

岩手は自分の罪深さに打ちのめされ、後悔と驚愕のあまり気が触れて鬼となってしまった。
こうして岩手は安達ヶ原の岩屋に棲んで、旅人の肉を食らう鬼となったが、最後は旅の僧に征伐された。

 

江戸諸国百物語 東日本編 (ものしりシリーズ―諸国怪談奇談集成)
江戸諸国百物語 東日本編
(ものしりシリーズ―諸国怪談奇談集成)
妖怪事典
妖怪事典


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...