ホーム » 小説 » 小説/か行 » 黒い夏(ジャック・ケッチャム)

325 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 01:25:29
「黒い夏」

レイは見た目カッコいい青年。
本人もそれを自覚しており、俺がファック出来ない女は世の中いやしねえ!と思ってるので
キャンプ場で見かけた女を気に入ったがレズだと分かり(嘘、レイの思い込み)
一緒に居たレズの相手(ただの親友)に向かって茂みの陰から同性愛なんて許せねえ!反吐が出る!
ファックの相手が俺じゃないなんて!と一方的に憎悪をたぎらせバキューンと発砲。
その場にいたレイの腰ぎんちゃくのティムとジェニファーは( ゚д゚)
親友は即死で、最初に見かけた女は寝たきりになって4年後に死亡。

被害者が死亡した事で当時の担当だった元刑事はもう一度あやしいと睨んでたレイを捜査しようと決心する。

その頃のレイは職場にバイトに来た女子高生スーザンにちょっかい出すも、
鼻であしらわれ都会から引っ越してきた美少女キャサリンといい感じになるが、
本気になったレイが本当の俺を見てくれ!と以前に人を殺した事(上の事件)を話した為に
この人ちょっと...と思われ距離を置かれ
都合のいい女だったジェニファーもレイに嫌気がさし始め、レイを追ってる元刑事に
レイからもらったダイヤの指輪がイミテーションだと指摘された事がきっかけで終わりを宣言される。


328 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 01:32:59
黒い夏 続き

ちなみに女子高生スーザンは元刑事の同僚だった現役刑事(当然オッサン)の恋人。
スーザンは大学に入るまでの恋と割り切っていながらも本気で現役刑事を愛していた。
現役刑事も自分の立場や年の差を気にしつつもスーザンを愛していた。

レイはスーザンとキャサリンとジェニファーを拉致って以前荒らした事のある空き家を目指す。
その前に自分の母親、スーザンの友達、ジェニファーの養父母、キャサリンの父をバキューン済み。

ティムから色々聞き出した元刑事と現役刑事は空き家を目指す。

レイ達が空き家だったはずの家にたどり着くと見ず知らずの新婚夫婦が引越しの荷造り中。
夫をバキューン、反撃して逃げようとしたキャサリンもバキューン、妻はナイフでサクっと殺し
反撃して逃げようとしたスーザンもバキューン。
そのちょっと前、空き家に刑事さん達到着! あ、スーザンがこっち来る!目が合った!バキューンな流れ。
レイは逮捕。

ティムはレイの腰ぎんちゃくだったからこの町に居るのは辛いし落ち着いたら町を出ようと考えていた。
ジェニファーも命を取り留めた寝たきりの養母の世話だけで
人生潰したくないので後は病院に任せて、町を出ようと考えていた。

レイは刑務所でエイズ発病中の黒人にファックされていた。 おわり。


330 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 02:04:01
ケッチャムは後味悪い。

331 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 02:05:12
>>325の時点ではまだ状況がわかるんだが
>>328ではもうレイが何考えてるのかわからない
何でこんなに人殺ししてるのかわからない
何もかもわからないけど、ラストは後味悪い

334 名前:328 :2009/01/21(水) 02:46:05
>>331
ごめんなさい。
自分がかなりストーリー端折って書いた為です。
レイの職場は両親が経営するモーテルで働いていて、母親にこき使われている。
麻薬を売ったりもしてて、子分のティムに運び屋をさせている。
自分に歯向かうとは思ってなかったのに、麻薬をちょろまかしてたり
ジェニファーと寝た事が分かったり(ジェニファーにティムの方がずっと良かったとか言われる)
元刑事は意味ありげに視界に入るか入らないかの所でうろうろしてて
パーティー開いても邪魔されて、麻薬トイレに流す羽目になったり。
キャサリンも小悪魔的なところがあって、計らずともレイをもてあそんだみたいな描写もあって。

 

黒い夏 (扶桑社ミステリー)
黒い夏 (扶桑社ミステリー)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...