ホーム » 小説 » 小説/な行 » 粘膜人間(飴村行)

349 名前:粘膜人間 1/2 :2009/01/21(水) 13:39:51
「粘膜人間」
登場人物の名前を忘れてしまったので
主人公兄弟AB、義理の弟C、Aのクラスメイト女子Dってことで

AとBの兄弟には、義母の連れ子で小学生の弟Cがいた。
Cは子供のくせに体格がよく凶暴で、兄たちをパシリにし、ちょっとしたことで父を半殺しにしたりしていた。
身の危険を感じたABは、森に住むカッパ三兄弟に頼んで義弟を殺して貰うことにした。
カッパ長兄は、報酬として人間の女とやらせろと言い、Aは同級生のDを都合することに決めた。
Dの兄は徴兵から逃げて行方不明で、一家は非国民扱い。
両親は収容所に入れられ、Dはおかしくなって軍の監視付きで家に閉じこもっていた。
そんなDなので、Aは勝手に犠牲にすることになんの罪の意識も無かった。
しかも、家を尋ねていってちらりと見たDの身体の発育の良さに欲情して、自分の「便所女」にしたいとさえ思う。

カッパたちと相談して、義弟を井戸に誘いだして突き落とす計画を立てるAたち。
ところが長兄カッパははやく女とやりたくて勝手にDの家に行ってしまい、弟カッパたちだけでやってきた。
その力自慢のカッパたちをCはあっさり惨殺してしまい、それどころが逆に義兄たちに襲いかかる。
AはかろうじてオノでCの脳天をたたき割って井戸に投げ落とす。

Dは兄が恋人と一緒に逃亡したとき、知っていることを話せと言って軍の警察に拷問に掛けられていた。
惨たらしく殺される夢を見るという拷問薬を注射されたのだ。
その薬はあまりの効果に、廃人になったりショック死する者も少なくないという恐ろしいものだった。
竹槍で肛門から串刺しにされる夢を見ても、自白しないD。
さらに注射を打たれて、それ以来記憶障害を起こしていた。
業をにやした軍は、兄が戻ったら知らせるように、
電話の受話器を外すだけで軍に発信するようにしてあるからと言い置き、万一のためにと拳銃も置いていった。


350 名前:粘膜人間 2/2 :2009/01/21(水) 13:40:48
そこにAがふたたびやってきて、Dをレイプ。その後でDは軍の拳銃でAを射殺。
死体を軍でも見つけられなかった地下室に隠そうとする。
ところが地下室にはすでに腐敗した死体がふたつ。
Dは思い出す。兄が恋人をつれて来た日のことを。
妹であるDと近親相姦の関係にあった兄だったが、恋人ができ全てを告白して、改心した。
妹とのことは精算し徴兵に応じて、帰還した後に恋人と新しい人生を送ることにしたという。
Dは思わず包丁でふたりを刺し殺し、地下室に隠していたのだった。
そのころ、AとDがもみあったはずみに、電話の受話器がはずれて軍に信号が送られていた。

Cは意識を取り戻したが、身体が井戸に引っかかっていて抜け出せない。
脳みそがぶっ飛んでいるので、記憶も曖昧だ。
そこに誰かが来て、引き上げてくれた。
それは長兄カッパで、女の家に行ったはいいが軍に狙撃されてあわてて逃げ帰ってきたのだ。
弟カッパたちの血の臭いがするのに姿がない。Dは記憶が無くて聞いても分からない。
Cが、自分たちが殺しを依頼されていた相手とは知らないカッパ兄は、
知り合いの妖怪みたいな奴に頼んで治療して貰うことにする。
妖怪みたいな奴は、Cの頭からふっとんだ脳みそのかわりに詰め込む人間の脳みそを調達してこいという。
カッパ兄とCは村に行き(このへんウロ)脳みそを手に入れて、Cの記憶復活。
カッパ兄とCは互いに敵同士だとわかり、戦いはこれからだ!的シーンでEND。

登場人物が全員後味悪いやつらばっかり。


351 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 13:53:51
カッパwww

355 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/21(水) 15:42:31
>身の危険を感じたABは、森に住むカッパ三兄弟に頼んで義弟を殺して貰うことにした。
吹いたw
当たり前みたいにカッパ兄弟って言うなよw

368 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 02:15:15
SFホラー板の角川ホラースレだと
妙に評判いいのよこれが(‘A`)

著者のお仲間つか一派がヨイショしてるてな話だけど

一応、一昨年の日本ホラー大賞で長編賞を受賞してる作品だから
買って読んでみたけど、カッパ云々じゃなくつまらなかったって感想でしかないわ、俺は


371 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 04:07:05
その世界の中でカッパがどういう位置づけにされてるのかわからんw
Cにあっさり殺されてるしww

372 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 04:31:07
結局カッパの存在理由ないよね、
癒し系ってだけしか。

373 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 04:43:00
粘膜人間は、昭和20年代とか30年代とかの日本の田舎をイメージした世界観で
カッパは人間の言葉が話せて力がとても強く、
考え方はすごく単純だけど単純ゆえに怒らせると怖いって設定だった

381 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 11:08:01
>>373
あー、わかった。

>カッパは人間の言葉が話せて力がとても強く、
>考え方はすごく単純だけど単純ゆえに怒らせると怖いって設定だった

今の世の中、「精力の強い精神薄弱者」とは書けないからだな。


386 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/22(木) 12:24:06
>381 
カッパは池沼とは違うよ。普段は穏やかで能天気だけど怒らせると超能力を発揮するの

 

粘膜人間 (角川ホラー文庫)
粘膜人間 (角川ホラー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...