ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その103 » 紅林麻雄

591 名前:本当にあった怖い名無し :2009/05/30(土) 17:37:32
紅林麻雄という警部の存在そのものが後味悪い。

事件解決で500回以上表彰されたが、実は全部拷問やでっち上げによるもので
それで得た自白をいかに合法なものにするかを考えて拷問王とも呼ばれた。
さらに、彼のやり方を告発した刑事の家に火をつけたうえに精神異常者として
逆に告発して警察から追放するということもやった。
しかし、彼の生きた時代は冤罪事件が問題になり始めた時期で、
彼のかかわった4件の事件の被告が全員無罪
確定すると世間に彼のやり方が非難され始めるが、さっさと警察を引退して
その年に死ぬという勝ち逃げ同然なことをやる。

なんかの小説にいそうだけどこれが実在する警部というのがまた後味の悪さを引き立てている。


593 名前:本当にあった怖い名無し :2009/05/30(土) 19:12:24
>>591
その子孫はとにかく大金持ちなんだよね
土地家屋など
相当あくどいことして溜め込んでたのに、裁くことさえ出来ず
子孫は繁栄
究極の勝ち組みだ

594 名前:本当にあった怖い名無し :2009/05/30(土) 22:26:25
>>593
それは勝ち組なのか?
究極?

冗談だろ

 

冤罪の戦後史 つくられた証拠と自白
冤罪の戦後史
つくられた証拠と自白


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...