ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その103 » ジョーを訪ねた男(手塚治虫)

724 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 02:11:35
空気の底懐かしいなぁ。結構後味がウヘァなやつあったよね。
自分が覚えてるのはこんな話だ。

主人公はアメリカ軍の上官。部下にはたくさんの黒人がいたのだが
彼は黒人差別主義者であり、黒人達を虫けらのように扱っていた。
ある日主人公は任務で戦地に赴き、黒人の部下と行動を共にしていたが爆発に巻き込まれてしまう。

重症を追ったが、奇跡的に一命を取り止めた主人公。
運び込まれた病院にて、一緒にいた部下が爆死したと聞かされ
「黒人なぞ死んでも何とも思わんwwww」と嘲笑。
しかし医者から、主人公の体には部下の血や臓器、心臓がが移植されている、そうしないと助からなかった…
と告げられ、愕然。中身が黒人のもんなら黒人になったも同然
こんな身体で家族に会えない、死んだ方がマシだ殺してくれとの主人公。
この事情が世間に知られたら生きていけないと、医者以外でこのことを誰か知っている者がいないか詰め寄る。
医者は、部下の家族にはそれを書面で通知したと言う。
主人公は通知書を破り捨てるために、部下の実家へ向かう。

NY(?)のスラム街にある部下の家に到着した主人公。そこには病気の母親と数名の住民がいた。
主人公に息子の心臓が移植されたと知った母親は、どうにかして心音を聞かせてくれと頼むが主人公は拒否。
通知書を出させ、その場で破り捨てて帰路につこうとするが
周りにいた住民から「戦場で輸血に使われている血はほとんど黒人のものだ
そう考えたら、汚されていない白人なんて少ないはずだ」と言われ、再び愕然とする主人公。
しかし思い直し、部下の家へ戻って、母親に自分の心音を聞かせてやる。泣いて喜ぶ母親。
これからいくらでも聞かせてやるから、と部下の家を後にする主人公だが
家から一歩出た瞬間、白人を恨んでいる黒人達からの銃撃に合い、蜂の巣にされる。
母親が息子の名前を叫んでEND。

カーチャン…


727 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 02:25:53
>>724
思い直した途端に、それまでの報いで死が訪れる、ってのはやるせないな。

729 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 03:57:13
>>724はドナーの家族に臓器提供を受けた人間を教えないだろ、互いに誰かは知らされないんじゃ?
(現在は倫理的な面からそうしているのかもしれず、かつては違ったのかもしれないけど)

……と野暮を承知で突っ込みたくなった


740 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/05(金) 10:07:56
>>729
ドナーを知らせないも何も、そんな平常時の医療行為じゃなくて
戦場で死傷した同士、せめてまともな部分を繋げて助けれる奴を生かして…ってやってんだろ?
読んでないから詳細な展開は知らないけど、具体的に教えようが教えまいが
現場に一緒にいた部下は誰か上官がよく知ってるんだから、
一緒に負傷し死亡した相手の臓器で一命を取り留めたと医者が伝えれば
(そんな重要な情報を伝えないなら、それこそ患者の知る権利を著しく害するし)
提供者が誰かはおのずと絞り込めると思うんだけど。

 

空気の底 (手塚治虫漫画全集 (264))
空気の底 (手塚治虫漫画全集 (264))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...