ホーム » アニメ・ゲーム » ゲーム » 四八(仮)/とろろ

729 名前:1/3 :2009/06/29(月) 00:36:23
四十八(仮)より
「とろろ」だっけな?筒井康隆の書いたシナリオだったと思う。
いろいろうろ覚えですまんが

ある晩、旅の男が一夜の宿を求めて一件の家の戸を叩いた。
そこに住んでいたのは老人と、孫娘らしき女が一人。
彼らは快く旅人を迎え入れると、お腹も空いているだろうと食事まで用意してくれた。
せっかくだからこの土地の自慢の料理を食べていけと言って出してくれたのがとろろ飯。
冷たいとろろを麦飯にかけただけのものだが、これが実に美味い。
あまりの美味さにお代わりまでしてしまった男だったが
「さて、残りのとろろは明日の朝食に残しておこう」との老人の言葉に
さすがにさらにお代わりを貰うのも気恥ずかしく、その日は箸を置く事にした。


730 名前:2/3 :2009/06/29(月) 00:37:08
夜も更け、男は用意してもらった寝床で休むことになったが、どうにも寝つけない。
原因は分かっている、あのとろろだ。あれをもう少し食べたいのだ。
男はこらえきれずに、こっそり台所に向かった。
盗み食いなんて情けないがガマンできない、
ほんの少し、一口だけでいいから勘弁してもらおう。
確か夕食の時、あのとろろを入れた壷をこの水屋に片づけていたはずだ。
ああ、あった、この壷だ。
男は壷を持つと中身を一口すすりこんだ。
ずるり
・・・美味い!
そうなるともうガマンできない、気がつくと男は中身を全てすすりつくしてしまった。

731 名前:3/3 :2009/06/29(月) 00:37:39
すっかり満足した男であったが
ふと我に帰ると自分がとんでもない事をしてしまったのに気づいた。
善意で泊めてくれた人の家で盗み食いした揚げ句に中身を食べつくすなど言い逃れ出来る事ではない。
男は寝床に戻ると、どうしよう、どうしようと朝まで悶々とし続けた。
答えも出ぬままやがて夜が明け、娘が朝食の準備が出来たと呼びに来た。
男はびくびくしながら食卓に赴いた。
老人も娘も何も気づいてないようだ。
まるでこれから死刑宣告でも受けるかのような心持ちで男がじっとしていると、老人が娘に言った。
「娘や、おまえは実に感心な奴だ。
 水屋に置いておいたワシの痰壷、夜中のうちに奇麗に片づけてくれたのだな」


733 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/29(月) 01:13:08
その老人の痰は、どうしてそんなに美味しいんだろう。
それとも、とろろを盗み食いした旅人を懲らしめるための嘘だったのかな。

735 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/29(月) 01:15:26
もうとろろ食えない
なんて後味の悪い話なんだ

 

四八(しじゅうはち)(仮)
四八(しじゅうはち)(仮)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...