ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その106 » まんが日本昔ばなし/「すりばちをなめた猫」

193 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/28(火) 01:32:30
まんが日本昔ばなしの「すり鉢を舐めたねこ」って話し

主人公の男の家にちょくちょくやってくる野良猫、勝手に食い物を漁るので来る度に男と喧嘩になる。
ある時山芋を手に入れた男が家に帰ってすり鉢で山芋をゴリゴリすって酒の肴に食べる、
そして男が寝た後に野良猫がやって来てすり鉢に残っている山芋を舐める
「うまいうまい山芋うまい」
朝になって男が目を覚ますとすり鉢の中から猫の尻尾だけが見えてウネウネ動いている
「また勝手に食いやがって」
ソロソロと近付いて尻尾を捕まえ
「ざまあみろ!ぶん殴ってやる!」
しかし手にしたのはウネウネ動く猫の尻尾だけ、床には猫が来た時の足跡はあるが帰った足跡は無い
「・・・、あ!そう言う事か!」
食いしん坊の猫はすり鉢の山芋を無我夢中で舐めているうちに、すり鉢で舌が削れ体が削れ尻尾だけが残ったのだ。
「無茶しやがって・・・」
男はそうつぶやき、嫌な猫だったが居なくなってしまうと少し寂しくなるのだった。

これを見てからすり鉢が怖くて怖くて・・・
「途中で気付けよ猫・・」と、削れていく猫を想像して寒気がした


195 名前:本当にあった怖い名無し :2009/07/28(火) 02:13:18
>>193
「無茶しやがって」に吹いたww
猫どんだけ山芋好きなんだよwww

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...