Thumbnail of post image 185
535:1/3:2014/03/15(土) 10:10:30.36倉橋由美子「血で染めたドレス」

舞台は古代ギリシャ。
哲学者の弟子の青年が師匠の令嬢に惚れたが、令嬢は全然気づかない。
真っ赤なドレスがほしいわ、血で染めたような真っ赤なドレスが♪
と話しているのを聞いた青年だが、貧しくて買えない。
青年は幼なじみの唖娘に自分の不甲斐なさを愚痴るのが日課だ ...

Thumbnail of post image 200
490:本当にあった怖い名無し:2014/03/13(木) 21:58:05.91フェルディナンド・フォン・シーラハの短編集「犯罪」より「チェロ」

テレーザとレオンハルトの姉弟は
建設会社を営む父タックラーと暮らしている。
母は姉弟が幼い時に事故で亡くなった。
タックラーは厳しく、子どもたちの自由をきつく制限するような人間。

テレーザはチェロ奏者を目 ...

No Image
101:「隣の男の子」エレン・エマーソン・ホワイト:2013/12/22(日) 01:03:29.91アメリカ北東部ニューイングランドの田舎町。

雪の降る寒い夜、郊外のアイスクリーム屋で女子高生のアルバイトーが一人で店番をしていた。
閉店時間になり、店の掃除をしていると突然少年が店内に押し入ってきた。
少年は女子高生と同じ高校に通う同級生だった。女子高生は彼と1度デート ...

No Image
33:1/6:2013/12/19(木) 15:43:30.50シャーリィ・ジャクスン「どうぞお先に、アルフォンズ殿」

ランチ用のジンジャーブレッドがちょうど焼き上がった時、
小学生の息子が勝手口で誰かと話しているらしい声がした。
「どうぞお先に、アルフォンズ殿」
「いやいやそちらこそお先に」
「いやいやそちらこそ」
などと、漫画の台詞をまねて笑 ...

No Image
499:本当にあった怖い名無し:2013/12/02(月) 01:44:02.17高橋克彦の「ドールズ」

基本的には、江戸時代の名人形師の生まれ変わりの少女と周りの人々が
殺人事件の謎を解いたり、切り裂きジャックの生まれ変わりと対決したりする伝奇もの

主人公の姪A(亡くなった姉の一人娘 8歳)は前世の記憶を持っている
ただし、前世の人格(B)とAの人格は完全 ...

No Image
453:1/7:2013/12/01(日) 10:28:09.68リチャード・マシスン「種子(たね)蒔く人」

閑静な住宅地に越してきた男、A夫人を尾行し、
夫の出張を狙ってバーでナンパ待ちをして、男とホテルに行っている事を突き止める。
偶然を装いバーで挨拶すると、彼女はみっともない程慌てて、
友達と待ち合わせですの勿論女友達ですのよ、と言い訳。

男、 ...

No Image
212:1/2:2013/09/22(日) 21:53:04.74平山夢明の短編小説 「たったひとくちで・・・・・・」

料理評論家の夫と一人娘をもつ主婦のもとへある日見知らぬ男がやってきて
「あなたの娘さんを誘拐させていただきました」と言った
あまりに突然のことに、信じられずにいると男は娘のハンカチを出し証明して見せる。
混乱し泣きすがりながら必死で娘を返してく ...

No Image
836:1/4:2013/09/14(土) 10:29:55.18角川ホラー文庫最初期のアンソロで読んだ短編をうろ覚えのまま投下

「私」は落ちぶれた旧家の次男、法事のために久しぶりに帰省した。
雨模様で、バス停には兄嫁の咲子が傘を持って迎えに来てくれていた。
兄より随分年下の咲子は相変わらず若々しく美しいが、片目を黒い眼帯で隠している。
まだ義眼を入れてないのか ...

No Image
489:本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 20:09:41.37小説「天国への階段」
昔に読んだだけで違っていたらすまん

主人公は北海道の零細牧場の生まれ。
幼なじみのヒロインAとは恋人同士だったが、主人公父がA父に騙され牧場を売り飛ばされ
主人公一家はA一家が経営する大牧場の隅っこで細々暮らすはめになり、二人は別れる。
そしてAは金持 ...

No Image
796:本当にあった怖い名無し:2013/08/11(日) 13:35:06.05セルバンテスの大著ドン・キホーテは、最後まで読むと後味が悪いというか寂しくなる話

ドン・キホーテは前編後編に分かれてて、前編は有名な風車との戦いとか冒険の話が中心
たぶんほとんどの場合、この前編を中心にドン・キホーテは紹介されてると思う

後編も同じような冒険の連続なんだけど、前編が既に ...