No Image
995 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/04(日) 04:50:58.82「(死んだ三男の)口の中に虫いっぱい入ってた」

2007年6月8日の毎日新聞(北海道版)では、山崎被告の母(46)に対して行った
取材のなかで明らかになった、事件後に長男が発したとされる言葉を次のように紹介している。

「ママ怖い」「そら(青空)、動かない(編注:『そら』は三男の ...

No Image
990 名前:1/2 :2012/03/03(土) 19:41:23.18それじゃ蘇生者になりたい人間続出じゃないかと思ったところで思い出した(禁句?)、
古い、少女向け短編小説「月に一度のお食事を(題名ウロおぼえ)」

いつからか吸血鬼が出現して、吸血され吸血鬼化するという事件が頻発している日本
主人公の女子大生も吸血され、吸血鬼になってしまうが、
吸血鬼といっ ...

No Image
976 名前:1/3 :2012/03/03(土) 08:12:28.52曽根圭介の短編「最後の言い訳」が後味悪かった。
ガイシュツだったらすみません。かなり長いので幾つかに分けて投下します。

舞台は日本。気が弱い上にでっぷりと太っている主人公は、
小学校のクラスメイト達に馬鹿にされ、ことあるごとに苛められていた。
彼を対等な存在として認めてくれていたのは勝ち気 ...

No Image
974 名前:1/2 :2012/03/03(土) 08:03:43.60埋め投下
ギャグ短編漫画『怒涛の勇者たち』

よくあるドラクエ風のコテコテのファンタジーっぽい世界
ある時、とある王国の姫(言っちゃ悪いけど、可愛くない)が、魔王にさらわれてしまう
姫の父である国王は怒り、「姫を救い出した勇者には、姫との結婚を認める」という御触れを出す

しかし、 ...

No Image
955 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/02(金) 07:32:02.12童話で思い出した、乙一の『暗黒童話』

人語を喋る烏が、両目が無い少女と出会う
盲目の少女は、喋る烏を人間だと誤解する
烏は通行人を襲って眼球を奪い、それを少女にプレゼントする
烏から渡された物体が人間の眼球だと知らない少女は、烏に促されるままにそれを自分の眼孔に入れる ...

No Image
938 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/01(木) 10:52:01.77というわけでカチカチ山の内容を確認するためにwiki見たら少し後味の悪い話が載ってたからそのまま転載

ウサギが裁判官の役目を果たすものとしては、西アフリカの民話がある。
草原でワニが火に取り囲まれ、困っていた。通りかかった人間が、
ワニを助けて袋に入れて背に担ぎ、湖まで運んでやる。 ...

No Image
925 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/29(水) 21:40:13.95まる子つながりでスピンオフ作品の「永沢君」。

ある日、藤木君が永沢君の家に呼ばれ、彼と小杉君の二人に説教を受けている。
二人が怒っているのは、夏休みに三人でサイクリングに行く予定を藤木君が
「花輪君に別荘に招待されたから」という理由で断ったからだった。
ずっと前から決めてた ...

Thumbnail of post image 161
912 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/29(水) 18:10:56.06ちびまる子なら寿司屋に行く話が後味というか胸糞というか。

主人公の少女まる子の祖父友蔵の初年金支給日。
まる子大好きな祖父は彼女にそのお金で何でも買ってやると豪語する。
はじめは遠慮していたまる子も祖父がそこまで言うならと
当時流行っていたローラースルーゴーゴーを買ってもら ...

No Image
907 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/28(火) 23:00:14.42幼少時に見た「エコエコアザラク」っていう漫画の、タイトル忘れたけど後味の悪い話。

主人公・黒井ミサが占い師をやってると、そこにブサメン男がやってくる。
ブサメンの依頼は結婚を約束していた女性が、謎の死を遂げたので
その死因を解明してほしいとのこと。

ブサメンは同級生のお ...

No Image
888 名前:1/2 :2012/02/27(月) 22:09:01.00カネコアツシの短編集「B・Q」から「エドのガスステーション」

1966年のアリゾナ。ハルは父親の遺したガソリンスタンド「エドのガスステーション」を一人で切り盛りしている。
半年前に父親が亡くなり母親はハルを産むとすぐ出て行ったのでハルは高校を辞めて店を続けるしか無かったのだった。
給油に来た高校の ...