Thumbnail of post image 037
968 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/07(木) 20:25:36では漫画家の永島慎二が亡くなったのでご冥福を祈りつつ、作品の紹介を…

「風っ子」
舞台は昔の日本の農村。
主人公(まだ小さい男の子)は、叔父(母の弟)、祖母と暮らしている。
母親は娘時代男と駆け落ちしたが、主人公を連れて戻ってきた。
その後、主人公を実家に置いて出稼 ...

No Image
931 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/07(木) 13:46:19呪みちるって人の漫画。
大戦前のロシア。主人公の女性は孤独で不幸な生い立ち。
彼女は小さい時から、柔らかくて優しい手触りの蝶や蛾の幼虫が大好き。
孤独な心を癒す唯一の友としており、長じてからは巨大な芋虫に抱かれる妄想などしていた。
成長した彼女は、柔らかく美しい指のピアニストに ...

No Image
924 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/07(木) 10:01:49我孫子なんとかって人の「0の殺人」

以下、推理小説のネタバレです。注意。

資産家の老女の親戚が次々死んでいくというお話。
実は、老女を殺そうとした親戚たちが勝手に自滅しているのだが、
周りからは不可解な事故死に見える。
既に残った親戚3人中2人が死んでいる。最後 ...

No Image
910 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/07(木) 01:25:48母方の祖母が喉頭癌で危篤になった時、
まだ意識がある祖母が筆談用のスケッチブックを指差した。
母がスケッチブックを支え、祖父が祖母にペンを渡すと何やら書き始めた
そこにはカタカナで
「ブツダンノヒキダシノオク」って書いてあった。
母は泣きながらウンウンって頷くと祖母はそ ...

No Image
881 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/06(水) 22:01:09レナードの朝は後味悪いというか
考えさせられた映画だね

一応あらすじをgooからコピペ

「1969年、ブロンクス。
慢性神経病患者専門のベインブリッジ病院に赴任してきたマルコム・セイヤー(ロビン・ウィリアムズ)は
無口で風変わりな男だったが患者に対する態度は真剣 ...

No Image
859 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/06(水) 15:43:19先日、浜辺を散歩中波うち際で転がるビンをみつけ、拾ってみると
布テープでぐるぐる巻きにされ、ビンの底側に何やら数字のような
ものが書いてあったので、
もしや誰かのメッセージが入っているのかもと期待してテープをはずすと
その下にさらに黒いビニールテープが巻きつけてあった。 ...

No Image
857 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/06(水) 15:40:29昔見た洋アニメ(短篇の積み重ねで一つの話になってる)の話。
老ネズミが日常が嫌になって汽車に乗り込み旅に出て、奇妙な乗客に次々と出会う。
時代に取り残されて見向きもされなくなったレコードや棺の中で腐ってしまったミイラ・・・
出会う乗客一人一人に嫌な結末が待ち受けているが、全体のストーリ ...

No Image
810 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/06(水) 04:52:18昔話で、仲の悪い兄弟の話あったな。
仲悪いうえに働かないので、畑も荒れ放題。
親父は死ぬとき、畑のどこかに宝物が埋めてあって、見つけたほうに譲ると遺言。
兄弟はそれから日夜休まず畑を掘り返し、いつのまにか深く耕された良い土壌になっていて、
秋には良い作物がたくさん収穫できた。 ...

No Image
693 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/04(月) 15:46:04知り合いのおじいさんの猫を、
犬のいる家に投げ込んだ小学生がいたそうだ。
猫は、犬に追い回され噛みつかれて結局あぼん。
でも小学生には悪意はなく、ひどいショックを受けたそう。
何でも前の夜に、犬と猫が仲良く暮らしているとこをレポートした番組があって、
可愛いなと思った小 ...

No Image
681 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/04(月) 05:21:4110年位前にテレビで見たアメリカの実話。多分テレビ特捜部だったと思う。

両親が離婚し、母親と暮らしている男の子が、離れて暮らしている父親に誘拐されてしまう。
父親は息子と心中しようと思って誘拐してみたものの、なかなか決心がつかず、
息子を車に乗せて数日間連れまわす。
ある夜 ...