No Image
70 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/04(火) 02:59:01主人公は次郎 妹、君子が主体となって話は進む

次郎は戦時中に日本に家族(母・姉15くらい・君子8歳くらい・弟5歳くらい)とともに帰国。
父は戦死、次郎はまだ10才程度
日本に帰国した次郎たちは父の親戚の家に住まわせてもらうが肩身がせまい。
姉は家族を支えるため東京に仕事を探し ...

No Image
66 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/03(月) 23:22:33ゴルゴ13のさいとう・たかを が昔少年マガジンに連載していた
侍劇画『無用ノ介』の1エピソード

孤独な賞金稼ぎの主人公はある日、
自分を先生と勝手に慕う賞金稼ぎ志望の若侍と知り合いになり、海辺の村で大海蛇退治にかかわることに。
結局海蛇は賞金首の海賊らが根城の孤島から人払いを ...

Thumbnail of post image 146
262 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/07(金) 13:30:20おそらく世にも奇妙な物語から(内容はかなりウロなんでだいぶ脚色が)

仕事ができるバリバリのキャリアウーマン(死語)が主人公。
でも彼女は、「仕事ができすぎる」と男たちからは疎まれ、
同僚の女性たちからは「彼氏もできない」とバカにされている。
そんなことに負けるもんか、と今日 ...

Thumbnail of post image 042
219 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/06(木) 18:14:28世にも奇妙な物語みたいに短い恐怖系の話をやる番組だったと思う

主人公はごく普通の20代のOL
が 最近誰かにつきまとわれているような気がする
そんな矢先 家の留守番電話に自分の行動を全部見ているかのような内容のメッセージが
入っている(「今日 会社で起こられてたね」とか「今 ...

Thumbnail of post image 107
96 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/04(火) 15:31:56うろ覚えだけど、世にも奇妙な物語であった話。
やたらでかくて三角形のイヤリングがある時代に放送してた。

町を歩いていてもプゲラされるほどのブス女が主人公。
大掛かりな整形をして、見違えるほどの美人になるが、
その頃から、見知らぬ人に追いかけられるなどの奇妙な目にあう。 ...

Thumbnail of post image 094
42 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/03(月) 18:08:21世にも奇妙な物語から後味の悪いヤツ。結構新しいから知ってる人も多くいそう。

少女の祖母は寝たきりで入院している。
細々と生き続ける祖母を少女の母は疎ましく思いぞんざいに扱っていた。
ある日、医者から祖母の死亡宣告を受ける。
哀しむどころか喜ぶ母を後目に少女は祖母に近より生きて ...

Thumbnail of post image 123
27 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/03(月) 05:44:59世にも奇妙な物語より・・・

ヒロインは結婚して日も浅い感じの若妻。
スーパーの果物コーナーで、大きなスイカを見て、食べたいなぁと思うも、
夫と自分だけで食べきれるかしら?と買うかどうか迷っていた。
すると、「買うかどうか悩んでいるなら。二人で買って、半分こしません?」と ...

No Image
25 名前:とりあえずこっちが本スレなら重複スレの書き込みコピペっとくよ 投稿日:2006/07/03(月) 01:22:2313 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/02(日) 18:44:49 ID:lJYjz4ex0
既出だろうけど・・・
ほぼ「エロゲのストーリーを教えてもらうスレッド 纏めサイト サルベージ版」より引用。
(銀糸・・・その持ち主の願 ...

No Image
24 名前:とりあえずこっちが本スレなら重複スレの書き込みコピペっとくよ 投稿日:2006/07/03(月) 01:21:2112 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/02(日) 18:15:48 ID:e78JtUM60
ときめきメモリアルガールズサイド2のエピソードが後味悪い。

攻略対象の一人である志波勝己は15歳にして身長187cmで寡黙でとっつきづらい ...

No Image
15 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/02(日) 20:17:16銀河烈風バクシンガーという巨大ロボットアニメ
動乱の太陽系で、ただの愚連隊だった主人公達が、太陽系最強とも言える艦隊に成長していく話。

過去の災害によって30を越えた惑星を持つ太陽系は、今や他星系との貿易が始まり、
それと同時に文明が進んだ幾つかの星系からの侵略に怯えていた。