ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ガネーシャ

63 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/23(水) 19:40:03
文化の違うところだと「それでいいのか」って話は
結構ある気がする。

女神が、沐浴を誰にも覗かれたくないからと息子に見張りを頼んだら、
帰ってきた夫の神がどこうとしない息子の首をはねたんで妻大激怒。
怒りを鎮めるためにそこにいた象の首をはねて
息子にくっつけてめでたしめでたし。
それでいいのか。元の頭に戻しちゃダメなんか。


64 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/23(水) 20:11:47
>>63
見張りを頼まれてるからと、説明しない息子だったのか。
人の説明を聞かない夫の神だったのか。

65 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/23(水) 20:21:14
息子っつっても、夫の不在中に女神が自分の垢を丸めて作った子だから、
夫神からしたら「帰宅するといきなり見知らぬ少年がいて自分の行く手を邪魔する」
って状況なんだよな。

66 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/23(水) 20:50:57
>>63
ガネーシャってそんな理由で象の頭になったのか…

72 名前:本当にあった怖い名無し :2010/06/23(水) 21:44:20
>>66
>>63のエピソードが一番メジャーだけど、
目も眩むような美少年だったけど別の神様に嫉妬されて象頭に変えられたとか、
象の仮面をかぶった夫神と交わったら象顔の子供が生まれたとか
いろいろ異説もあった希ガス。

>>63
懇切丁寧な説明が付いてるバージョンでは、
落とした首を遠くへ投げ捨てたために、後から探しても見付からなかった
といったようなワンクッションが入ってたりもする。

 

トンデモ神様事典(書籍)
トンデモ神様事典(書籍)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...