ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その115 » 黄金色の風(林壮太)

489 名前:『黄金色の風』1/2 :2010/08/23(月) 12:29:00
いわゆる南京大虐殺の話。
おばあちゃんや弟と田舎で暮らす心優しい主人公の少年Aは、
徴兵されて中国へと旅立った。

Aは戦争に躊躇していたのもあり、
訓練所ではノリノリの部隊の仲間達に比べて遅れを取っていた。
そんな訓練所で、もう一人Aとともに落ちこぼれとなっていたのが、
身体が大きく、優しくてつぶらな瞳のBだった。
上官に怒られたりしながらも、励まし合いながら2人は耐えていく。

そのうち訓練はどんどんエスカレートし、生きた中国人捕虜を的として
使うようなものになっていった。
実際の戦場でも惨殺を繰り替えすうち、部隊の仲間ともども
Aも感覚が麻痺し、むしろ殺戮を楽しむマシーンと化していた。

日本兵達は村を襲い、男は即殺害、赤ん坊は茹で殺し、
女はレイプ後殺すなどしていた。

ある民家を物色中、Aは男の子が壷の中に隠れているのを見つける。
男の子は弟くらいの歳で、震えながら手を合わせて必死に命乞いをしていた。
Aは気まぐれからか男の子を見逃し、その場を立ち去った。


490 名前:『黄金色の風』2/2 :2010/08/23(月) 12:30:28
戦争が進むと、Aの部隊の仲間達は、上官も含め命を落としていった。
Aは変わらず殺戮マシーンのまま戦い続けている。
BはそんなAをずっと心配し、正気に戻ってくれるよう
説得していたが、Aは聞く耳持たなかった。

ある日AとBが線路沿いを歩いていると、
突然襲撃にあい、爆弾が投げ付けられてきた。
BはとっさにAに被いかぶさり、かばって死亡。
それを見たAは、愕然とし、Bの優しさに触れて元のきれいな目のAに戻った。

Aが一人ふらふら歩いていると、かつて村で見逃した男の子が現れた。
Aは、男の子が生き延びていたことを嬉しく思った。

男の子の姿が田舎にいる弟と重なり、懐かしく思いながら
いつも弟に歌ってあげていた童謡を手を打ちながら歌った。
男の子は静かに聞き入っているかに見えた。

次の瞬間、男の子がAの肩に立てかけられていた銃を奪い、
Aの脳天を打ち抜いた。
反動で吹っ飛びながらAを睨みつける男の子の目には涙が浮かんでいた。
彼は、Aを慕って付いてきたのではなく、復讐を狙って追ってきていたのだった。

場面は変わって日本。
Aの家の畑では、黄金色のひまわりが今年も満開となっていた。
おばあちゃんと弟が「Aは元気で過ごしているかなぁ」と話していると、
ひまわり畑の中を風が吹き抜けていった。

おしまい。
————
トラウマスレで同シリーズの話が出ていたのを見て思い出しました。
超うろおぼえなので多分結構違ってると思います。

 

黄金色の風 (コミック戦争)
黄金色の風 (コミック戦争)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...