ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その117 » 笑わせろ!(関よしみ)

386 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/23(土) 23:27:56
トラウマ量産者関よしみの短編。まだソフトな話だけど。

クールで美人な主人公A。その彼氏でイケメンのB。
Aの親友で、甘えん坊癒し系のC。Bの親友でお茶らけムードメーカーなDはCの彼氏。
ダブルデートが恒例となっていた4人は、その日もビルの空中庭園に遊びに来ていた。
ところがビルに2人組みの強盗(兄貴分と弟分)が押し入り、4人含めた庭園にいた十数人を人質に取る。
数名が強盗2人に立ち向かうが、マシンガンを持った2人に銃殺される。
何でもするから命だけは助けて、と怯える人質に、強盗はとある解放の条件を出す。
その条件とは、兄貴分を笑わせること。しかし、つまらなかったら即射殺。
兄貴分は、人生で一度もおかしくて笑ったことがないという。
そして人質に1人ずつチャンスが与えられる。
人質達は必死で一発芸やギャグを披露していくが、兄貴はニコリともせず次々殺されていく。
人質が死んでいく中、4人は決意する。
絶対自分達は4人で生き残る。誰も死なせはしない、自分達は強い絆で結ばれている、大丈夫だと。

みんな殺されていき、そしてついに、残されたのは主人公達4人に。
しかし、いざ自分達の番になってしまうと、どうすればいいのか分からない。
怯えきったCは諦めてしまった。そして言う。あいつは絶対笑うはずがない、自分達はここで死ぬのだと。
どうせ死ぬのなら、とCは続けて主人公に言う。自分は実はBが好きだった、あんたなんて消えればいいと思ってた―


388 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/23(土) 23:35:26
それを聞いたDは驚き、Cを責めまくるが、Dもどうせ死ぬなら、と実はCの親友A目当てであったと告白。
それを見ていたB、実は俺も…と、三股も四股もかけていたことが発覚。
BはAに、AはCに、CはDに、DはBに殴りかかられ、すったもんだの超修羅場になってしまう。
傍観していた兄貴、その修羅場っぷりを見て笑い出す。
強盗は逮捕され、4人は無事に解放されたが、残されたのは崩れ去った絆も信頼だけだったって話。

389 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/23(土) 23:40:02
乙!この作者らしい展開だね
後味悪いわ…

Aだけは浮気も裏事情もなかったのかな


390 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/24(日) 00:25:05
>>388
乙です
ある意味ハッピーエンドなのに後味悪くて秀逸な話ですね

 

飼育病棟―関よしみ傑作集 (ホラーMコミック文庫)
飼育病棟―関よしみ傑作集
(ホラーMコミック文庫)
マッドパパ―関よしみ傑作集 (ホラーMコミック文庫)
マッドパパ―関よしみ傑作集
(ホラーMコミック文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...