ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その117 » 悪夢へいらっしゃい(関よしみ)

396 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/24(日) 05:22:53
このスレの女王よしみの漫画、所々うろ覚え

主人公はごく普通の女子高生
ある日主人公は大ファンである人気アイドルが体中バラバラに引きちぎられて死ぬ悪夢を見る
すると翌日そのアイドルが事故でバラバラになって死んだというニュースを知る
嫌な偶然があるものだと落ち込む主人公だったがまたある日近所の可愛がっている犬が潰れて死ぬ夢を見る
すると翌日その犬は大型の車にひかれてペシャンコに押しつぶされて死んでしまったのだった
その次は友達が雷に打たれて死ぬ夢を見た
まさかと思っていると次の日その友達は風呂場で感電して死んでしまった
いよいよ恐ろしくなってしまった主人公だが再び悪夢を見る
それは普段から仲良くしている近所の幼女が火達磨になって焼け死ぬ夢だった
主人公はいてもたっても居られず目覚めてすぐ幼女の家まで駆けつけた
すぐに出てきて話を聞いてくれと言うと幼女の母親が玄関に出て来た
今日はとにかくあの子を火に近づけないようにしてくれと訴えると
母親はハッと台所の天ぷらを作る火を止め忘れていた事に気づく
急いで台所まで駆けつけると幼女が椅子を踏み台にして天ぷらを菜箸で摘もうとしていた
危ないから止めなさいと声をかけた瞬間幼女は椅子から足を滑らし、
弾みでひっくり返った鍋の油を頭から被ってしまった
その後幼女は大火傷で死んでしまい、主人公は母親からお前が来なければあの子は死ななかったと責められる
精神的に限界になってきた主人公だが以前から恋心を抱いていた同級生Aに励まされなんとか正気を保っていた
しかし今度はAが溺れて死ぬ夢を見てしまう
心配して夢の内容をAに伝えるがAは夢なんて信じなし自分は死なないから安心しろ、と主人公を元気づける


397 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/24(日) 05:24:13
ある大雨の日主人公がAと一緒に歩いていると増水した川で子供が溺れているのを発見する
Aは泳いで行って助けようとするが主人公は夢の死亡フラグでしかないと止める
しかしAは夢と自分のどっちを信じるんだと言って子供を助ける為川へ飛び込む
祈るような気持ちで見守る主人公だったがAは無事溺れることなく子供の所までたどり着き
どうだ!夢の呪縛なんて振り切ってみせたぜ!と主人公に向かって爽やかに宣言した
心から安堵する主人公、これでやっとハッピーエンド

と思いきや
次の瞬間Aの頭に勢いよく流木が激突、昏倒したAは激流の中に消えて行った
結局Aも主人公の夢通りに死んでしまったのだった
Aが死んだ事で完全に追い詰められた主人公はこれ以上だれかが死ぬ夢を見ないようにと絶対に眠らない事を決意する
やがて睡魔の限界が来ると自分の手に針を刺しだした、その光景をみた両親は当然止めさせようとする
その瞬間ふとうつらとした主人公が目にしたのは首の無い母と頭が半分抉れた父であった
半狂乱になった主人公はそのまま勢いよく家の外の車道へ飛び出して行く
娘の尋常でない様子に心配し後を追いかけてきた両親も車道へ飛び出すがそこへ大型トラックが突っ込み
母親は跳ね飛ばされ首が千切れ父親はトラックと塀に挟まれて頭が半分削れてしまった
その光景を間近で見て遂に気が狂った主人公は母親の首を拾い上げ自分の部屋に戻り
「簡単な事だったじゃない、今度は私の夢を見ればいいんだわ」と笑顔で呟き
ベッドの中母親の首を抱きながら安らかな顔で眠りに着いた

 

魔少女のおもちゃ箱 (講談社コミックスフレンド)
魔少女のおもちゃ箱
(講談社コミックスフレンド)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...