ホーム » 小説 » 小説/な行 » 野菊の墓(伊藤左千夫)

922 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/09(土) 02:56:47.39
昔の文学作品なんて後味悪いのが多すぎる
野菊の墓 漫画でパラっと読んだだけから詳細は違うかも

主人公の少年Aの家は田舎の由緒正しい家柄でBはAの家に奉公に来ている。

Bは野菊のように可憐な少女で、いつしかお互いがお互いを意識するようになり
恋心が芽生え。お互いの気持ちを確かめ合うのだが
他の使用人達に悪意を持った噂をされ、年頃の男女が仲良くするのははしたない、
しかもBはAより2歳も年上で世間体が悪いと引き離される。
Aは悪い虫(Bの事)がつかないように母親によって遠い高校へ追いやられてしまう。

一方Bは周囲の大人たちによって好きでもない相手と無理やり結婚させられていた。
そして、Bは妊娠するが嫁ぎ先で馬車馬のように働かされ、いびられ流産してしまい
それが原因でBは死んでしまった。
Aの写真と手紙を握り締めAの事を思いながらBは息を引き取ったのだった。

その事を休みに家に返ってきたAは知らされ、ショックを受ける。
A母は可哀相な事をしたと言う。

END


975 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/10(日) 09:32:12.78
>>922
「野菊の墓」は昔読んだけど、
AとBは奉公人と主人の関係じゃなくていとこ同士。
だから反対されたんじゃなかったっけ。

 

野菊の墓 (新潮文庫)(原作)
野菊の墓 (新潮文庫)
野菊の墓 (まんが日本の文学)
野菊の墓 (まんが日本の文学)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...