ホーム » 小説 » 小説/あ行 » イノセント(中村うさぎ)

110 名前:1/2 :2011/08/07(日) 19:01:23.01
七瀬とかいうので思い出した。
殆ど覚えてないから>>2に近い状態だけど、中村うさぎの「イノセンス」っていう小説

前半は主人公である牧師の日記みたいな内容
牧師は昔、孕ませた恋人を殺した過去がある(これが物語のどの辺で明かされるかは忘れた)
その罪悪感から養子をとったんだけど、娘はグレて家出して、数年後に焼死体になって見付かる
牧師は娘の足跡を辿って行って、何故娘が殺されたのか調べていく
娘の日記を読んだり、娘のカウンセラーや、娘が働いていたキャバクラ(?)のキャバ嬢や、
娘が貢いでいたホストなんかに会って話を聞く
牧師は娘の同僚だったキャバ嬢に何か他人とは思えない奇妙な感覚を感じて、一夜を共にする
その後、牧師は娘は自殺だったと納得して故郷に帰る

後日の新聞に、牧師が焼身自殺をしたと記載される
自殺した場所は、かつて牧師が恋人を殺した場所


111 名前:2/2 :2011/08/07(日) 19:02:27.71
後編は、娘の同僚だったキャバ嬢が牧師に送った手紙
前編で牧師が調べた内容とはかなり違うことをキャバ嬢は知っていて、娘が殺されたってことや、
ホストが悪人だったってことが明かされる(全然覚えてないから書けん)
しかもそうなるように半分仕組んだのがキャバ嬢自身で、キャバ嬢は娘に対してかなりの悪意を抱いていた
最後に牧師に向けて「私はあなたが殺した女の腹から取り出された娘です」って書いてあって終わり

 

イノセント
イノセント


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...