ホーム » 小説 » その他書籍 » 学歴なんか関係ない

879 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/28(土) 07:12:40.38
道徳の教科書話に便乗。

主人公Aは高卒でとある工場に就職する。
機械作りが主な仕事でAは中々技術力も高く、仕事に対して熱心だった。
ある日、その工場に新人のBが入ってくる。
新人とは言うものの、BはAと同じ年齢、いわゆる大卒だった。
そして、給料日になりAとBは仕事帰りに飲みに行くが、
そこのちょっとした会話でBの給料がAより多いという事を知ってしまう。
「大卒ってだけで新人のBの方が自分より給料が多いのか」とショックを受けたAは
それ以来仕事に対する熱意を失ってしまう。

しばらく経ったある日、その工場に「こういうものを作ってほしい」みたいな依頼が届く。
が、それは非常に複雑な物らしく、誰もそれを作る事ができなかった。
それでもAは必死に努力や勉強をして、最終的に依頼された物を完成させる。
周りから賞賛されたAは「学歴なんか関係ない、自分はこの仕事に誇りを持っているんだ」と強く想った。

要は「学歴なんか関係ない」って教訓の話なんだろうけど、読んだ当時は中々モヤモヤした。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...